So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ロールキャストとニューロッド [釣り]

早いもので今年も残り少なくなりました。例年だと冬期は天竜川エリアでニジマスと遊ぶのだが、今シーズンは電源開発のダム放流が続いており川の状況は悪い。そのため12月中旬というのにエリア券も購入しておらず、まだ一度も天竜川エリアへ足が向いていない。


11月25日~26日の二日間にBruce&Walker日本総代理店ナチュラルさんが天竜川でニューロッドの試投会を行った。B&Wといえばスペイキャスティング用ロッドで有名なブランドでお値段もかなりのもの。試投会ということで高価なロッドを振れるチャンスと会場となる浜北大橋上流のキャス練ポイントへ。到着するといつものメンバーがすでにキャス練の真っ最中。熱心な人達ですね。


ナチュラルの中島さんを待っている間、浜平さんの18フィートロッドを振らせてもらったが、キャス錬をさぼっているせいで全くうまくいかない。スネークロールのつもりがラインのコントロールもできず嫌になっちゃうね。アドバイス受けながらなんとかラインがのびるようになったが・・・。


IMG_9163.jpg
IMG_9160.jpg
IMG_9198.jpg


ナチュラルの中島さんが到着し試投用のニューモデルが並ぶ。みなさん気になるロッドを持ち出しキャスティングが始まった。オイラはライトロッドの13フィートクラスを投げてみた。非常に軽く扱いは楽である。へなちょこキャスティングでも十分に飛んでいく。釣りをするには手軽でよろしい。とはいうものの、お値段は結構高いので購入まではちと辛い。


お次は15フィートクラスを振ってみた。これは思うようにはラインが飛ばない。キャスティングのフォームが全くできていない証拠。見かねた中島さんが丁寧にキャスティングの基礎を教えてくれた。中島さんをみていると力みがなく綺麗なフォームだ。見ていると自分もできるんじゃないかと思うのだが、いざ投げてみると体がゆうことをききません。どうしても腕に力が入ってしまい関節の動きがぎこちない。イメージ通りにはいかないね。まあ練習だと思い、しばらく単独でフォームの修正を行った。体が温まったせいか、次第にラインも飛んでくれるようになってきた。キャス錬は重要だなと実感。


ニューモデルは高価でオイラには手が出ませんが、旧モデルで特別価格のロッドも持ってきてるというので、それも振らせてもらった。ニューモデルよりバッドが太く重量もある感じだ。バッドがしっかりしてるんでスカジットでも投げられると言っていた。2日目の午後はこのモデルに絞ってキャスティングの練習。中島さんも丁寧に教えてくれロールキャストが綺麗に投げれるようにまでになった。これならこのロッド買ってもいいかなと心を動かされ最終的に購入することに決めた。特別価格といっても50000円なり。


IMG_9167.jpg
まさかロッドを買うとは思ってもいなかったが、その夜はいい買い物したなと晩酌がうまかったのは言うまでもない。ロッドだけでは釣りにならないのでスペイラインも注文しておいた。
IMG_9200.jpg
ニューラインが届くまで手持ちのラインでキャス錬をしてますが、なかなか中島さんのようにはラインが投げられない。それでもスペイキャストのビデオを見ながらフォームの研究したりちょっと面白くなってきた。早くこのロッドでデカ虹をかけてみたいですね。


nice!(0)  コメント(2) 

原野谷川PART2 [釣り]

11月は個人的に有休消化月間。なので金曜日に有休を頂き原野谷川冬期特別区に2回目釣行。朝8時半ごろに自宅を出発し、ならここの里で日釣券を購入。昨日も釣り人は来ているようで、当日は一番乗りだった。前回は上流のスロープ付近で遊んだが、今回はキャンプ場上から釣り上がることに。


IMG_9066.jpg
キャンプ場上の堰堤付近を覗いてみるとニジマスの群れを発見。近くに広い駐車スペースがあり釣り支度をして川へ向かう。カワムツらしき魚影もあり、なんか釣れるだろうとドライフライを結んでキャスト開始。予想通りカワムツ君が反応。本命はニジマスなのでウェットに替えて流してみたがどうもうまくいかない。そうこうしてるうちに堰堤まで来てしまった。堰堤のプールを覗くとニジマスがたくさんいますね。管理釣り場といえばルースニングが威力を発揮する。マーカーとビーズヘッドマラブーをセット。やはりこの組み合わせは抜群です。手始めにカワムツの大きいやつ。ニジマスもコンスタントに4匹ゲット。
IMG_9058.jpg
IMG_9063.jpg
ちょっと飽きてしまったので上流へ移動し駐車スペースでお昼に。お湯を沸かしカップ天ぷらそばとおにぎりを頂く。戸外で食べるランチはうまいです。食後のコーヒーを飲んでしばらくまったり。こんなのんびり感がたまらんね。ちなみにおにぎりはアサリしぐれがお気に入り。
IMG_9068.jpg
おにぎり3個はちょっと多かったかな。駐車スペースから川へ降りて午後の部開始。渓相は割といい感じだが、砂が溜まって全体的に浅い。流れにフライをキャストするとカワムツの反応がすごい。割とサイズが大きいので引きは意外とよい。やや水深のある流れにキャストすると本命のニジマスがヒット。さすがにニジマスはパワーがありロッドを気持ちよく曲げてくれたりジャンプしたりと楽しい。釣り上がって行くとカワムツは相変わらず高反応。ニジマスも要所要所でヒットし、ある程度放流から散らばった感がある。
IMG_9070.jpg
IMG_9071.jpg
IMG_9072.jpg
IMG_9075.jpg
IMG_9074.jpg
ドライフライはアダムスをチョイスしたが、これが当たりで2本でなんとかなった。前回入ったスロープまでやろうと思ったが、ちょっと疲労感もあり3時半ごろに退渓し車まで戻る。ならここの湯はパスしてアンケートをキャンプ場事務所に提出し帰路に。今回はドライでも十分反応があって楽しめたが、寒くなってくるとどうなりますかね。いまのところ釣り人も少なくのんびり釣には良いフィールドです。

nice!(0)  コメント(2) 

新しい冬期フィールド [釣り]

FACE BOOKを見ていたら原野谷川に冬期C&Rが試行って記事が投稿されていた。掛川なので自宅からもそんなに遠くないし自然渓流で釣りができるっていいなとライズ。天竜川も釣りができず早速新しいフィールドへ出かけた。


IMG_9045.jpg
国一バイパス西郷ICから北上し、ならここの里キャンプ場の受付で日釣り券を購入。初めてのフィールドなのでどこへ入ればよいのか情報収集。ニジマス放流はキャンプ場よりずっと上のほうで、キャンプ場内には姿はないとのこと。川沿いの道路を走りながらポイントを探す。どうも特別区より上流へ来てしまった。山道を走っていると目の前にカモシカが現れた。
IMG_9017.jpg
しばらく睨めっこが続いたが、車を前進させると山へ逃げていった。川を覗いてみたが川底はコンクリートで整備され段々状になっている。来た道を戻ると、市有林入り口の看板を見つけた。ここが特別区の最上流ポイントだなと思いちょっと竿を出してみた。
IMG_9018.jpg
ドライはどうかなとキャストしてみたら魚がフライを追ってきた。どうもカワムツっぽいかなと思いながらフライを変更して流してみると反応してくれるがフッキングには至らない。なんとか1匹とあれこれフライを結び直してやっと初ヒット。意外やアマゴが釣れてしまった。これはあくまでも狙ったわけではなく釣れてしまったのだ。デジキープ後すぐにリリース。その後はいまいち反応悪く場所を移動することに。
IMG_9021.jpg
どこに入ろうかと途中途中に川を覗いてみる。駐車スペースが限られているので邪魔にならないところを探していると、スロープのある場所があったので駐車して魚影をチェック。プールになっており開きにはニジマスが3匹泳いでいる。どうもここが放流ポイントかと早速釣り開始。まずはドライで様子をみる。魚がフライを追ってくるがニジマスではなさそうだ。サイズはそんなに小さくないのでアマゴかなと思いつつフライを流しているとやっとヒットした。フライを咥えたのはカワムツで、サイズはまあまあ大きい。釣れれば楽しいものです。
IMG_9025.jpg
ドライへの反応が悪くなったので、ウェットに替えて流してみたらニジマスが追ってきた。これは面白いとスイングをかけながら攻略するとコツコツとフライを咥える感触が伝わる。フライはシルバーマーチブラウン。ギューンと重さがロッドに乗ったので寄せてきたが、フッキングが甘くバラシ。その後も同じように寄せてくる途中でバラシ多し。それでも反応がいいので攻め続けやっと初虹をキャッチ。サイズは8寸ぐらいだが結構楽しい。ウェットフライは3種類、3本しか持ってこなかったのでローテーションしながら楽しんだ。自然渓流を利用したC&Rの試みは大賛成なので定着することを期待ですね。
次回は、ならここの湯に浸かって帰ることにしよう。

nice!(0)  コメント(2) 
前の3件 | -