So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

地元の小渓に再び [釣り]

連休初日より長男家族が帰省し賑やかになった。その日の夜は長男の嫁さんのご両親も交えて自宅で会食。食事は、かんたろうのうな重を美味しく頂きました。二日目午前中は小國神社に二人目の孫のお宮参りと行事が続いた。三日目はのんびりと地元の小渓に単独釣行。

IMG_9953.jpg

前回の釣行でいい思いをした堰堤を目指し山道を走る。ところどころ落石や木の枝が散乱している。10時過ぎに堰堤に到着したが先行者の車はいない。この渓は水深が浅いのでヒップブーツを選択。フライは前回好調だった半沈パラを結び、堰堤上流の流れ込みからスタート。

IMG_9945.jpg
IMG_9939.jpg
タックルは前回と同じくライトスタッフ#1にリーダー・ティペット6X。フライを流れに数回キャストすると出てくれました。サイズは5寸ほどだが綺麗なアマゴに微笑む。その後は同じポイントでは反応なしで上流へ。々チビアマゴが水深の浅い流れからアタックするもノラーズ。第2堰堤下のプールも反応がなく、いったん道路へ上がり堰堤を越える。たまにアタックがあるがフッキング甘くバラシ連続。第3堰堤までに釣果は最初の1匹のみ。まあこんなものかと思ったが、時間もあるので第3堰堤上流がどうなってるか釣り上がることに。
全体的に水深は浅いのだが、ところどころ深くなってるポイントがありなんか怪しそう。チビアマゴが足元からシューっと逃げたので魚はいるなとちょっと気をいれる。
IMG_9951.jpg
予想外に良いポイントが現れたので気づかれないように腰を落とし近づく。開きからは反応がない。白泡の流れにフライをキャスト、フライが流れ初めたときにヒット!#1ロッドをぐいぐいと曲げてくれる。ネットに収まったのは7寸アマゴと嬉しいサイズ。
IMG_9949.jpg
魚体も綺麗で満足な1匹でした。その後も数回チビアマゴをバラしたのでちょっと遊ぶにはいい渓だ。こんな渓が地元にあるのはいいですね。
IMG_9955.jpg
ちょっと夢中になって遅いランチを食べ帰路に。途中、山藤が目に入り記念撮影。新緑と綺麗なアマゴ、渓流の音を楽しみながらリラックスの釣行でした。秋も紅葉が期待できそうなのでまた訪れてみよう。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

地元の渓でアマゴ [釣り]

ここのところ週末は用事が多く釣りに行けなかった。

サツキシーズンだというのに天竜川本流は増水濁りで釣りにならず。

こんな時は支流にでもと思っていた。

とある釣り仲間からポイントを教えてもらった。

地元の渓だがまだ行ったことがないポイントだ。

IMG_9878.jpg
土曜日の午前中にちょっと用事があったので10時過ぎに自宅を出発。
途中、いつものコンビニでお昼のおにぎりとポカリ、それと豆大福を一つ。
教えてもらった分岐の目印を確認し山道をひた走る。
くねくね道を上っていくとやっとこさお目当ての堰堤が見えてきた。
車を路肩に止め流れをチェック。
まあまあ水量はあるので期待できそうだ。
早いランチを食べ釣り支度。
今回のタックルはチビアマゴ狙いでロッドはライトスタッフ#1をセレクト。
フライラインも新品に替えたばかり。
IMG_9877.jpg
堰堤上から釣り上がることにして河原に降り立つとアマゴの子供の群れが泳いでいる。
本命のアマゴもこちらに近づいてきた。
驚かせないように向こうに行くのを待つ。
フライは半沈パラ#14、リーダー6Xにフロロカーボンティペット6X。
気づかれないようにソフトにフライを流れにキャスト。
フライが着水してゆっくりと岸に寄ってきたときにアタック。
合わせを入れると乗った。
一投目からヒットとは好発進だ。
浅瀬に誘導し無事ランディングネットに。
小さな渓流にしては期待を越える20CMアマゴ。
デジタルキープして同じポイントの流れの奥にフライを送り込むとまたアタックしたがバラシ。
さらに奥の流れにキャストするとまたまた出てくれた。
これも20サイズと調子がいい。
IMG_9883.jpg
お次のポイントを探していくが、小さな渓流で水深が浅くよさげなところが少ない。
それでもフライをキャストして様子をみるが出ないですね。
IMG_9885.jpg
落ち込みのあるポイントで水深がありアマゴは居そうだ。
以外に反応してくれません。
数投するとやっとアタックがあったがバラシ。
しばらく間をおいてキャストするとフライを咥えた。
IMG_9887.jpg
その後は出てくれなく二つ目の堰堤下のプールに。
残念ながら反応なしで一旦道路に上がる。
第2堰堤上から釣り上がるが水深が浅く反応は渋くなった。
少し疲れも出てきて木の枝にフライを引っかけたりで散々。
早くも次の堰堤下まで来てしまった。
IMG_9890.jpg
陽射しが当たってアマゴが出そうな雰囲気。
白泡の流れにキャストを繰り返すとやっとアタック。
しかし合わせが甘くバラシ。
下流からの攻略だとこういったバラシが多い。
IMG_9892.jpg
お次の堰堤が現れた。
チビアマゴが出てくれたがやっぱり逃げられた。
堰堤上の流れは水深が超浅くフラットでポイントがない。
今回はこれで終了とした。
初めての渓流ではあったが、20CMアマゴに遊んでもらい満足な釣行だった。
地元の渓でこんなところがあったんだなと嬉しかった。
本流はいつになったら回復するのか。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018初アマゴ [釣り]



IMG_9595.jpg
2月はさぼってとうとうブログ記事を書かずじまい。
釣果がなかったせいもあるけどね。
渓流も解禁して早3月後半。
今シーズンはゆっくりとした出足になった。
地元の渓も3月初旬に様子見に出かけたが見事無魚。
渓相はよかったけどね。
今シーズンはSIMMSのウェーダー、MONTBELLのフライジャケット、フライラインを購入と
ちょっと出費がかさんだ。
フライフィッシングの装備も揃ったことだしと3月中旬に愛知の渓に出撃。
今回は結果を出すぞと勇んで出かけた。
IMG_9620.jpg
どこに入ろうかと迷ったが、下流は釣り大会でもあったのか釣り人多すぎ。
工事の影響も気になったが、いつもの大名倉に。
途中、釣り人の車が停まっており上流へ向かい清流公園の前に入った。
流れはいいんだが反応がなく焦る。
落ち込みの手前でアタックがあったがスカってしまった。
上流に餌釣師がいたので迂回し更に上流へ。
流れが岩に当たり反転している付近にフライを浮かべるとヒットしたがバレ。
午前中は見事無魚。
IMG_E9631.jpg
ランチのおにぎりとソーセージを食べて午後の部開始。
太陽の陽射しが当たる明るい川面に、いいポイントが現れた。
ここは絶対出るなとフライを結び直しドラグフリーを意識して流していく。
数投目にピチャっと出ました。
やっぱりいたね。
サイズは小さいけれど今シーズン初アマゴでした。
小さいけど魚体は美形です。
IMG_9633.jpg
カゲロウもハッチして結構飛んでるので期待したが後が続かない。
小滝の所にまで来たら、先日の雨のせいか水量がちょっと多め。
景色的にはいい感じだ。
2匹目を期待して更に上流へ。
水量、流れ共によさげだが反応は激渋。
IMG_E9640.jpg
チビアマゴがぴしゃぴしゃと出るようになったがいかんせん小さくノらーず。
集中力を切らさないように釣り上がる。
なかなかいいポイントが現れた。
ここは勝負と慎重にフライを流していく。
出たー!
フッキングもばっちりで、無事ランディング。
やっと満足できる瞬間だった。
厳しい釣りだったが、新緑のころには活性も上がりもっと楽しめるだろう。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -