So-net無料ブログ作成

8月の釣行後編 [釣り]

さて後編は猫バスツアーの続きから。ランチ時に見つけた尺物の行方は・・・。

その前に、野呂川へのアクセスについて記述しておく。静岡方面からはR52を富士川沿いに北上し、支流の早川方面に左折し猫バス停のある奈良田に向う。夏のシーズン中はマイカー規制となっており車で野呂川の釣場までは行けない。奈良田には第1駐車場と第2駐車場がある。登山客の方が多く混雑時は第2駐車場もいっぱいになる。猫バスの始発は午前6時だがさすがに早すぎる。次のバスは9時発でこれを利用する。終点の広河原まで45分ほど。途中で下車することも可能。運賃は広河原まで環境共益金100円込みで1130円だったかな。帰りもバスを利用するのでお金を忘れないように。最終バスは広河原を午後4時40分発なので釣りに夢中になって乗り遅れないように。日釣券は奈良田の手前に民宿が有りそこで購入できる。

いよいよドラマチックな展開が。プールの岩盤沿いに定位している尺超と思われる岩魚が時おりライズし虫を捕食している。これはチャンスとばかり岩魚に気づかれないように下流側から距離を置いてフライをキャスト。結んだフライは赤胸アントパラシュートパターン#14。岩魚の上流岩盤沿いにフライを流すとゆっくりとフライに近づきアタック。ヒットと思いきやすっぽ抜け。アチャーやっちまった。

その岩魚の定位していた場所の下流にも魚影を発見。こちらも時おリライズして捕食している。今度はこっちの獲物がターゲットだ。さっきのやつよりは型は少々小ぶりだ。何回かキャストをしているとフーっとその岩魚がフライにアタック。あわせたがまたしても失敗。その後は底の方に行ってしまったのか反応はなくなったので釣り上がることに。

その後も反応は厳しいまま。フライをなんとなくキャストしGooさんに話しかけた時に、Gooさんがオーイ今出たぞっと。ありゃー絶好のチャンスだったのにまたしてもやらかした。その後も状況は変わらず引き返すことに。時間も経っているのでもう一度さっきのプール岩盤で尺超えを狙うことに。Gooさんが来る前にフライをキャストする、またまたフライに出やがったが外した。寸前で見切られているのか。Gooさんが後から追いつき、フライを#18に変えてみようとアントパターンを渡してくれた。これでもう1回やってみようじゃないか。何回かキャストしフライがいい流れに。するとやつはフライをひったくった。ロッドに生体反応が伝わる・・・が・・・次の瞬間フーっとテンションがなくなった。結局やつとの勝負は負けた。プールの攻略はあまり得意ではないが、今回は良い経験となった。また次回に勝負しようという気持ちにさせてくれた。それにしても厳しい釣行であった。単独で釣り上がって来たよねさんは二桁をしっかり釣っていた。流石ですね。という訳で最終バスで奈良田へ戻り、再び静岡方面へ。帰宅してカップ焼きそばを摘みに冷えたビールが最高だった。

1-IMG_6430.JPGおまけの画像。最終バスまでちょっと時間があったのでちょっとやってみたらよねさんが岩魚を釣ってた。お見事です。最後の悪あがきとオイラもポケットのようなポイントにフライをポトンと落とすとバシャっとアタック。だがこれも姿を見ただけでフッキングできなかった。という落ちでありました。

8月の釣行はまだ続くので、後編のPART2でまた記事にします。PART2は地元の渓と浜名湖の状況となります。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

よねさん@鱒美

大渕やプールの様な、フライがゆっくりと流れるようなポイントは、ごまかしが効かないから難しいですよね。
自分も、大場所は苦手としております。
よそ見した瞬間に魚が出るというのも、よくあることですね。集中力を維持し続けるのは大変ですが、フライの動きから視線を逸らせてしまったのはNGでしたねぇ。
また是非、リベンジに出かけましょう!
ところで、あの日の夕食、実は自分もカップ焼きそばでした(^^;;;
by よねさん@鱒美 (2016-09-04 18:01) 

kingfisher610

いい経験をさせて貰いました。
大場所は大物がいる雰囲気はあるがどうも苦手。
どう攻略するかがよく分からないです。
よそ見をした時に出るんだね。
殺気がないんでしょうか。
またご一緒したいですね。
by kingfisher610 (2016-09-05 19:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0