So-net無料ブログ作成

9月最終末は開田高原へ [釣り]

1-IMG_6642.JPG

渓流シーズン最終の遠征は開田高原へ。

開田はFBやブログ繋がりのSHUさんの本拠地。釣友のてれんこ2さんのデリカ5で自宅を4時半に出発。高速は使わず一般道でひた走る。R19沿い中津川駅途中の吉野家で朝食。中津川駅でSHUさんをピックアップして一路開田へ。

実は、遊魚料が値上がりしてから足が遠のいていた。今回はSHUさんの別荘に泊めてもらえるってことで、遊魚券が高い分は帳消し。

 R19沿いから見える木曽川本流の流れは、今まで見たことない増水状態。上流は大丈夫だろうと思いながら久しぶりの開田高原に入る。途中、渓流の様子をチェックしながら釣りが出来そうな場所を探すが予想以上に厳しい。

1-IMG_6617.JPG

 情報収集と遊魚券を購入しに花猿亭へ。ここのオーナーシェフは根っからのフライマン。開田を知り尽くしてるので頼もしい。

藤沢ならなんとかなるかと釣支度。いつもなら、ちょろちょろとした流れだが倒木があったりして迂回しながら、いやいや釣りは大変だ。

初めに反応してくれたのは、ちび岩魚でありました。まあ、反応があるだけよろしい。結構汗をかきかきでお昼タイムに。

1-IMG_6627.JPG

 開田はやはり蕎麦がいいですね。

SHUさんの別荘のすぐ近くに美味しい蕎麦屋があるんです。

汗をかいた後の冷たいざる蕎麦が また格別。蕎麦湯もいただきお腹も膨らんだ。

 

 

1-IMG_6626.JPG1-IMG_6669.JPG1-IMG_6625.JPG水量の状況は写真を見ればわかりますね。

 逆に7月は渇水でちょろちょろだったようです。

 

1-IMG_6631.JPG1-IMG_6670.JPGポイントは少ないが緩い流れの中からSHUさんが岩魚をヒット。

ヒットしたすぐ上流はも好ポイントが続く。

SHUさんに譲ってもらい胸赤アント をキャスト。ゆっくり流れるフライを川底から個体が追いかけ咥えた。

岩魚と思ったが綺麗なパーマークが 見え、待望のアマゴであった。サイズは6寸程であったが流れの中で3番ロッドを心地よく曲げてくれた。

その後、今度はてれんこ2さんがGOODサイズのアマゴをキャッチ。セレクトフライは 開田スペシャルというちょっとボディー色が派手目なやつ。このフライは開田では超実績有りだそうな。スペシャルフライはまた後ほど紹介しよう。

1-IMG_6633.JPG

イブニングも期待していたが、いかんせん水量が多くいつもと状況が違うようだ。木曽駒がそばにいて草を食べていた。

暗くなるまでライズを待っていたが、結局それは興らなかった。

SHUさんは前回の釣行時に9寸アマゴを釣っている。大物を期待していたが今回は空振りに終わった。

 

夕食は花猿亭 で釣り談義をしながらピザとナポリタン。釣果は厳しかったのでビールはちょっと控えめに。SHUさんの別荘にお邪魔しお風呂で疲れを癒す。明日は水位がひくだろうと期待しながら眠りについた。

この続きは次回に・・・ 

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

よねさん@鱒美

9月は静岡県内も本当に雨が多かったですが、開田高原もやはり増水状態でしたか。
それにしても、川辺に馬が居るなんて、なんとも長閑な感じがして好いですねぇ。
何はともあれ、ちょっぴり小振りながらもイワナにアマゴと出逢えて、本当に良かったですね。

by よねさん@鱒美 (2016-10-03 20:48) 

kingfisher610

よねさん@鱒美さん

渇水だったかと思いきや、9月は雨が多くてどこの河川も増水状態でしたね。
大物を期待したんですがね〜。
まあ小振りながら釣りが出来たんでよかったです。
来シーズンもまた行って見ようかと思います。
by kingfisher610 (2016-10-03 21:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0