So-net無料ブログ作成
検索選択

新緑の渓 [釣り]

IMG_5365.JPG

早いもので今週末からGWがスタート。今年の浜松祭には初孫の初凧を五月の空に揚げてお祝いします。その準備ということで4月10日に会所開き、4月17日は糸目付けとイベントが続いた。奈良から長男家族もそのために帰省。初孫をあやしたりでなかなか忙しい。もちろん釣りはお預けです。

先週末は久々にロッドを振りに新緑の愛知の渓に向かった。新東名新城ICで降りR257経由でいつものポイントに。前回は公園前を釣り上がったので、もうすこし上流をやってみることにした。釣り開始は10時頃。ロッドはTSR#3、ティペットは6X、フライはエルクヘアを結んだ。

川原に降り立つと新緑とせせらぎが心地よい。水量もいい感じで期待が持てる。と思ったが、意外や反応が悪い。しばらく我慢の時間が過ぎる。フライもあれこれ替えて探っていくと、やっとフライにアタックしてきた。だが、フッキングに至らず空振りが続く。

IMG_5367.JPGIMG_5371.JPGちょっと一息入れて再度釣り開始。ここは出そうだなと神経を集中しフライを流す。ふた流し目でキタ━(゚∀゚)━!

本日の初物はヒレピンの元気な岩魚。これで一安心フー!昨シーズンは尺も出て期待したんですが、サイズはともかく嬉しい。当たりフライは黒パラでした。よねさんもよく使うやつ。

 お腹も空いてきたので昼食タイム。お弁当は助六寿司です。しばしまったりとしてから、更に上流をやってみることに。お目当てのポイントには釣り人の車が。空いてるポイントに車を止め午後の部を開始。フライ選択はそのまま黒パラで。入ってすぐにアタックアリ。しかし一発目を空振り。口にはかかってないので少し時間を取り再度キャスト。バシャッとでました。いい引きでロッドをしならせる。下流へ下られて慌てて対応。なんとかランディングしたら、ニジ君でした。養鱒場がすこし上流にあるのでそこから逃げたやつかも。この辺りは結構いるんだね。

IMG_5374.JPG

この先はアマゴも期待できるんでお顔を見たい。予想通りちびアマゴが飛び出してくれた。フライはアントパラを使った。いままであまり出番がなかったがストックがたくさんある。反応がいいんでこれからも使ってみよう。

IMG_5376.JPGおまけですが、ストップランプが2灯とも切れてしまった。早目に交換しないといけないと思い、オートバックスで交換用のテール&ストップ電球を購入。セットで451円でした。

自宅に帰り、早速マニュアルを見てから、リヤコンビランプを外し電球を交換。結構簡単に交換できました。両側の電球を交換し修理は完了。

天竜川はまだ濁りがあるようですが水位も下がればチャンスがあるか。


今シーズン初岩魚 [釣り]

IMG_5188.JPG金曜日は通院のため有休を頂いて掛かり付けのクリニックへ。いつもはゆっくり行くんだけれど、待ち時間が長くなるので早目にスタート。おかげであまり待たされることなく診察完了。

本流で竿でも出そうと思いきやダム放水で増水濁り。これじゃしょうがないと行き先を愛知の渓に変更。前回は初アマゴとなんとかご対面したが、今回は気温も上昇してきており活性も高くなっているんじゃないかと期待。どのポイントに入ろうかなと思案しながらフォレスターを走らせる。平日ともあり釣り人の車はなく結局いつもの公園駐車場へ。

IMG_5192.JPGIMG_5189.JPG早飯を食ってからいざ川へ。貸切状態なんで、まあのんびりといきますか。ってな考えは甘く、いい流れからは反応がない。水温も11℃と悪くないんだけどな。フライが合ってないかとあれこれ変えては見たが、厳しい状況は続く。ブラウンパラでやっと最初の当たりが。しかし、すっぽ抜けでヒットできず。

こんなに苦戦するとは思いもしなかったが、ちょっと焦ってきた。このポイントでは実績のあるエルクヘアカディスを結び直しキャスト。結構視認性もよく扱いやすいフライでお気に入りである。すぐに反応があったがヒットできず。出方からしてそんなにサイズが小さいわけではないが・・・。しつこく流すとピックアップ寸前でフライを咥えた。今度はバッチリフッキングしてやり取りを楽しむ。いい引きしてるのでアマゴと思いきや蓬莱鱒でありました。これでちょっとリラックスしてお次のポイントに釣り上がる。

IMG_5203.JPG少し水深のあるポイントの大岩沿いにフライを流すとまた来ました。引きも強く川底へ引き込んでいく。ロッドはTSRの#3なので安心してファイトを堪える。

落ち込みの強い流れに入られないように注意しながら無事ランディング。あれあれ良型の岩魚でした。確かにこの区間は岩魚が好む渓相で、実績もアマゴより岩魚がメインのような気がする。すっかり気も楽になり釣り上がりの足も軽くなってきた。

IMG_5206.JPGこんな落ち込みの巻き返しのポイントが岩魚が好む。実績のあるポイントである。水深もありフライをピンスポットで打ち込むと、出たんですがノラーズ・・・ああ残念。

こういうところは一度しくじると2度目はほぼ反応してくれません。諦めてお次のポイントへ。

IMG_5207.JPGIMG_5212.JPGしばらくまた反応なし区間が続いたが、陽のあたる区間では活性がよく、小型ながら岩魚がポンポンと立て続けにヒット。

やはりエルクヘアーはかかせないフライであることが、またまた実証できた。

最近フライは全くと言っていいほど巻いてないので、フライボックスがスカスカ状態。そろそろ補充をしておかないといけません。次回は違う支流へ様子を見に行こう。