So-net無料ブログ作成
検索選択

今シーズン初キビレ [釣り]

天竜川本流はカフェオレ状態の増水でサツキ釣りは不可。しかし竿を出したいと思い土曜日は今シーズン初の浜名湖キビレ狙いに。

1-IMG_5519.JPG当日は自宅近くの公園みどりーなで嫁が主催のイベントがあり、テントの設営を頼まれた。テント設営は直ぐに終わり、釣り道具をフォレスターに積んで国1で雄踏方面へ向かう。途中でエサ屋のうしおで青イソメを購入。ここはコスパがよくて餌の量が多いのでオススメ。春のキビレ狙いとしては青イソメが安くていい。磯カニも現地調達できるんだけれど満潮時はカニの隠れ場が出ていないので注意が必要。

コンビニで お昼のおにぎりと水分補給用にポカリを購入。日射しが強いので水分補給はこまめにしないといけませんから。

ボートの係留場所が変更になったと聞いてたのでその近くに車を停めて、出船の準備。単独の手前船頭でポイントのカキ棚へ。すでに一艘キビレ釣りのボートがいたが、少し離れてカキ棚へボートを入れる。風はややあるが特に問題ない。

浜兵衛さんが今年もキビレが釣れてるよと言ってたので、今日はキビレ祭りかと期待して探っていく。水の色はカフェオレでキビレ釣りにはいい状況。水深が浅いので水が澄んでいるとボートが近づくと気づかれてしまう。 

いつもはボラが表層で跳ねているんだけれど、ちょっと魚気が少ない。案の定、なかなか当たりが出ません。沈めすぎると小物に餌を取られてしまうので、テンポよく落とし込んでいかないと効率が悪い。二つ目のカキ棚で最初の当たりがあり、ウキがスーっと沈んでいくタイミングを待ってビシッと合わせないといけないが、早合わせですっぽ抜け。このあたりの駆け引きが面白い。

また、当たりがあったが、またもやすっぽ抜け。これはマヅイ展開だ。ボは逃れないといけないので、というのは浜平さんルールでボの場合は船貸料が2倍になるから。なんとしても1匹は釣らないと。11時を回った頃に当たりが・・・今回は慎重にタイミングを図る。少しきき合わせをしてから、合わせを入れた 。今度は乗った~。キビレ特有の強烈な引きが延べ竿を曲げる。カキ棚の杭に回られたらアウトなんで強引に空気を吸わせるように水面に誘導。無事タモに入ってやれやれ。サイズも42cmとまずまず。デジタルキープしてリリース。

1-IMG_5523.JPG1-IMG_5522.JPG1-IMG_5524.JPG

 これで一安心して2匹目を狙うが、潮周りか当たりが遠のいてしまったので、おにぎりを食べながら休憩タイム。天気が良くて昼寝には最高だな。

午後の部は少し風が強くなって釣り難い。当たりはなく早目に納竿とした。もうちょっと活性が上がるといいんですが、自然相手ですからね。

夏はキビレのパワーが増して更に強烈な引きを楽しめるなあ。 カズさんも興味あるらしいのでタイミング合えばご案内したい。


ウグイ祭 [釣り]

1-IMG_5475.JPGGWはなんと11連休でしたが今日が最終日となってしまいました。長いようで短く感じるのはいつものことですね。

GW中には浜松祭が5月3日~5月5日の3日間開催され、初日に初孫の初凧を揚げ、夜は自宅で初練とよい想いでとなりました。

 さて、そんなことで連休前半は浜松祭の準備で釣りどころではない状況。イベントも終わって後半戦は釣りをしたくてウズウズ。

5月7日に天竜川本流のサツキ狙いで竿を出してみました。雨の影響で少し濁りが残っていましたが、小鮎の跳ねもあって期待できそう。ルアーマンも多くて賑わってます。少し濁ってるのでフライは黒色を結びTYPE3で沈めてみた。

なかなか反応がなくダメかなと思ったが、久しぶりの生体反応がロッドに伝わってきた。感触からすぐにウー様と分かってしまった。それでも嬉しい1匹、なんといっても天然ものですから。その日はこの1匹だけで納竿。やっぱり甘くないですね。

翌日も午後2時頃から釣り開始。昨日よりルアーマンは少ない。フライマンはオイラだけ。いつものお気に入りポイントを流していくと早速当たりがきたが、バラしてしまった。しばらくするとお次の当たり。今度はバッチリフッキング。感触からウー様・・・やっぱりウー様。流し終わった後の流芯の脇。今日は結構活性がよろしい。結局同じポイントを3回流してウー様5匹と1バラシ。バラした奴が一番引いたが・・・もしやサツキではあるまいな???

1-IMG_5479.JPG1-IMG_5481.JPG1-IMG_5482.JPGそんなことでウグイ祭となってしまったのである。