So-net無料ブログ作成

猫バスに乗って夏岩魚の渓へ [釣り]

8月に入り夏も本番。毎日30度Cを超える暑い日が続いてる。

こんな時は山岳渓流でフライフィッシングが気持ちよいシーズンだ。

よねさんから稚拙ブログに南ア釣行予定のコメントをもらった。

これはいいタイミングと早速同行の連絡を入れたところほど良い返事。

釣行前日にカズさんも同行可能となり3人組で出かけることに。

このメンバーでの釣行は初めて。


目的地へのアクセスは、バス停のある奈良田より上は一般車両禁止のため、ここで猫バスに乗り換える。

バスの出発時刻は午前6時と9時があり、9時発に間に合うように島田を6時ごろ出発。

よねさん運転のステップワゴンは軽快に奈良田を目指す。

途中、コンビニで朝食と昼食のおにぎり等を購入、奈良田にJUST8時半に到着。

気になる釣り客の数はというと我々の他に4人のみ。第1便にも釣り客は少なかったとのこと。

今回どこのポイントに入るか迷ったが吊尾根を選択。他の4人は歩き沢に。

40分ほどバスに揺られ、吊尾根トンネル手前で下車。

急な斜面を下り河原へ降りると澄んだ川の流れと涼しい風が心地よい。

水量は若干少ないが3人分かれて釣り開始。


IMG_8637.jpg
フライは夏の定番のアントパラを結び釣り上がって行くが、水量が少ないせいか攻められすぎか反応はない。
左岸に入ったカズさんがカメラを出していたので早くも岩魚ゲットした模様。
分流で5回反応があり二つ捕ったよとのこと。
こちらはどうも調子が悪い。パシャっとでたもののカスリもしない。
時間は刻々と過ぎていくが、最初の1匹が・・・。
よねさんに聞いてみると5回反応があったが1匹もゲットできてないと。
そんな話をしながら釣り上がって行くと、よねさんが白泡の中から岩魚をヒットさせた。
ロッドが弓なりに・・良型に違いない。上がってきたのは体高のある見事な岩魚だった。
尺かと思ったがやや尺には届かなかったようだ。
こちらも負けちゃいけないと先行させてもらうと、ついに流れから岩魚がヒット。
しかし、フッキングが甘かったか寄せてくるところで無念のバラシ。そうこうしてるうちに最初の堰堤のところに来た。
堰堤下の開きのところがいい感じだったんでキャストするとヒット。
ロッドが曲がり、ぐいぐいと引きが強い。これは大物だとニンマリしたが、またまたバラシ。
IMG_8639.jpg
IMG_8640.jpg
この堰堤は高さがあって乗り越えるのにコツがいる。
前回同様、よねさんが縄梯子を準備してくれたのでなんとか乗り越え成功。
12時は回っているがいまだオイラだけ無魚。
なんとか1匹目が欲しいところ。
途中何度か反応があったがランディングに至らず。
またまたお次の切り出し堰堤のところに来てしまった。
WROZ3960.jpg
カズさんが近づいてきて、堰堤奥の水路にきっといるはずだからやってみなとアドバイスしてくれた。
言われた通り水路の下流から奥へフライをキャスト。
フライはゆっくりと流れに乗ってアピールしているが2投しても出てくれない。
絶対出ると信じて3投目に集中。
水路出口付近にフライが近づいたところでフワッと底から岩魚が浮上。
フライにアタックしたところですかさず合わせ。今回はばっちり決まった。
これも引きが強くロッドを曲げてくれる。
取り込もうとネットを取り出そうとしたところ、ネットの網目がショルダーバッグの留め具に引っ掛かり役にたたない。焦りながらも強引に川岸に寄せ無事ランディング。
やりました。苦戦の上やっと本日の初岩魚。
この貴重な1匹で今までの疲れが吹っ飛んだ。
興奮冷めやらぬ中で昼食タイム。おにぎり3個がすごく美味かった。
ゼロと1の差は大きいですね。
IMG_8642.jpg
昼食を済ませ堰堤を越えると雲行きがちょっと怪しくなってきた。
しばらくすると雨がぱらついてきた。スイッチが入ったか岩魚の活性が上がった。
午前中の渋さが嘘のように8寸夏岩魚を連続ヒット。
フライもテレストリアルパラに変更したのも正解だったかも。
IMG_8657.jpg
雨も上がりガレ場まで来た。最後のプールだがカズさんが見事にヒット。
時間的にはここで終了し道路へ上がる。
帰りのバスに乗り奈良田バス停まで戻る。
心地よい疲れと夏岩魚の感触を思い出しながら帰路へ。
IMG_8659.jpg
次回は広河原にリベンジかな。

nice!(0)  コメント(4)