So-net無料ブログ作成
検索選択

空梅雨のオクシズ釣行 [釣り]

東海地方もとっくに梅雨入りしたというのに、ここのところ雨が少ない。

人間ドッグで再検査になり、5月末に内視鏡検査を受けたところ直腸にポリープが見つかった。

ポリープの切除も同時に行なった。

手術後は出血の恐れもあるため、おとなしくしているようにと言われ遠征も控えていた。

6月14日に切除したポリープの分析結果を確認するためクリニックへ。

結果は問題なしということで一安心。これでハードな釣行もOKだね。

天竜川本流のダブルハンドも釣果がぱっとせず、少しフラストレーションが溜まっていた。

体調も整ったことだし遠征でもとフライ友のよねさんに連絡。

土曜日は奥様の送り迎えが入っていたが、南ア入り口の渓を案内してもらうことに。

駿河徳山駅で待ち合わせし、よねさんのステップワゴンで渓に向かう。


IMG_8395 (640x480).jpg

途中に見える支流や沢は予想通り渇水気味だ。

1時間半のドライブで目的地に到着。

残念ながら入ろうとしたポイントには先行者が二人。

上流にある堰堤までやるというので、堰堤から上にはいることに決定。

堰堤付近に駐車し釣り支度をする。


当日のタックルは、ライトスタッフ#1/8feet、ROSS REEL#1-2、リーダー#5/12feet、ティペット フロロSEAGUAR ACE 0.6号。

フライはピーコックパラを結んで早速釣り開始。

久しぶりの渓流に立ちテンションが上がる。

さて今日はどんな渓魚と出会えるか。


釣りを開始し釣り上がって行くが川からの反応はない。

やはり渇水が影響し魚たちもナーバスになっているのか。

いかにも岩魚が好きそうなポイントからも出てくれない。

ちょっと焦ってきたが気を抜かないようにとキャストを繰り返す。

フライを替えて、しばらくすると最初のアタックがあるも空振り。

よねさんも苦戦を強いられている模様。

そんな中、最初の岩魚はよねさんが引き出した。

しかし、その後も厳しい状況は続く。


フライをエルクヘアに替え、ちょっと水深のある岩周りを流すとバシャっとアタック。

これも空振りだが、まだ口に掛かっていないのでフライを替え再度流すとまた出てくれたがカスリ。

IMG_8410.JPG


段差の続くプールのところで突如”掛かった!”と、米さんの声。

振り向くとロッドが満月に撓っている。

大物はそのパワーで一段下のプールへ下った。

逃がすものかとよねさんも下流へ追いかけ末、見事ランディング。

この一部始終はビデオに収めることができた。

おいらもとプール奥を攻めてみたが2匹目はいません。

ここですでに午後1時と遅いランチタイム。

やはり地元の渓をよく知るよねさんには敵わないですね。


午後の部は何とかボを逃れようと丹念にポイントを探っていくのだが、結果が出ず堰堤まで来てしまった。

時間的にはまだ1時間ほどできそうだと堰堤の上流をやってみることに。

最後のチャンスとフライを開田スペシャルに替え、岩の際を流すと1投目で掛かったあ!


IMG_8405 (640x480).jpg
IMG_8412.JPG

心地よい生体反応がロッドに伝わる。

レギュラーサイズだが待望の今シーズン初岩魚がランディングネットに。

もう一気に、もやもや気分は晴れてスカッとJAPAN状態。

ゼロと1の差はでかいぞ。

残念ながらその後は反応がなく川を引き返す。

途中で、空振りしたポイントを再度探ってみたが追加できず。


退渓前にロッドが振れないような小さな沢をロッドから40㎝ほど糸を垂らし釣り上がる。

フライをポチャッと水面に浮かべるが反応がない。

岩魚がいれば一発で出るんだとか。

よねさんがお手本で1匹追加。

オイラにもやっとアタックしてきたがロッドの反動でバラシ。

お土産が追加できると思ったのに残念。


退渓したがまだ30分くらいできそうということで、堰堤の下流をやってみることに。

先行者が攻めた後だが時間も経っているのでどうにかなるか。

しかしながら、思いとは裏腹に流れからの反応はなく堰堤が近づいてきた。

もうこれまでかと思った矢先、流れから元気な岩魚が飛び出した。

サイズはそれほどでもないが嬉しい2匹目だ。


IMG_8407 (640x480).jpg


結局、岩魚2匹と厳しい結果となったが、気持ちのいい渓流で楽しく遊ぶことができた。

足元から逃げた大物も気になるので再チャレンジしたい渓ですね。

幸せの黄色いフライpart2 [釣り]

IMG_0282.JPG先週の半ばは、またまた雨模様。

天竜川本流は増水と濁りが入っている。


土曜日の午前中は、朝からの用事を済ませ愛知の渓に。


ポイントにはお昼前に到着。

都合よく釣り人はいない。


腹ごしらえをして、堰堤上から釣りスタート。

水量もよく期待できそうだが反応はない。

先週調子が良かった黄色のフライも効果なしかと思っていると、チビアマゴが反応。


IMG_0289.JPG しばらく空振りが続くが、やっと最初のアマゴをランディング。


この渓のアマゴはサイズがそれほど大きくはない。

それでも渓相もよく気持ちよく釣りができる。


川底の色がやや黄色っぽいので、アマゴの色も黄色っぽい。

迷彩のためにそうなるんですかね。


フライを白系にチェンジして見たが反応が鈍い。


黄色のフライを再び結び釣り上がる。  


IMG_0288.JPG  IMG_0285.JPG















上流に来るに従い反応も良くなって来た。

午前中に釣り人が入っていないのかも。

サイズも7寸が混じりロッドを曲げてくれる。

本日も幸せの黄色いフライが活躍してくれる。

IMG_0284.JPGIMG_0280.JPG
















ストックも少ないので、失くさないように気をつけながら釣り上がる。

3時半を回り、渓相も岩が大きくなって来たので退渓とした。


IMG_0286.JPG駐車場に帰る途中、タラの芽を見つけた。


短い時間だったが、6匹のアマゴと遊べたので気持ちよく帰路へ。


あと2回通えば、年券の元が取れる。


岩魚も釣りたいですね。

幸せの黄色いフライ [釣り]

4月15日の土曜日は、再び愛知の渓に出撃。水温も上がって活性も上がってるだろうと、3月にボをくらったポイントへ向かう。道幅を拡げる工事が始まって、絶好の岩魚ポイントは釣りが出来ません。釣り人の車はなく、いつもの橋のところに駐車。少し下流まで歩き入渓。
虫も多く、期待が高まる。先日の雨で水量もちょうどいい感じだ。フライはアダムスパラを結び、ポイントを探っていくが全く反応なし。フライを白系にチェンジして釣り上がるがダメだった。

IMG_0247.JPG
気がつくと、養鱒場のところまで来てしまった。

今回もひょっとしたらボかなと不安がよぎる。

3度目の正直と黄色系パラにチェンジしてみた。これが功を奏し本日最初のアマゴがアタックし無事ランディング。

少し流れの緩やかな岩の近くから出てくれた。これでちょっとホッとし気分が好転。

先ほどまで晴れていたのだが、雨雲が近づいて来て雨が降ってきた。この雨でアマゴも活性があがるかな。

IMG_0249.JPGIMG_0248.JPG

やはり期待通りだった。
次のポイントからも元気にアタックチャンス

やっぱりこうでないと釣りは楽しくない。尾鰭のオレンジがとても綺麗だ。

IMG_0250.JPG出てくれたのは、こんなところです。いかにもアマゴが餌を待ってるって感じですね。

ドライフライの浮力が落ちたので、再び黄色系フライを結ぶ。フライボックスにはストックが少なく、だいぶ前に巻いて出番がなかったもの。

そういえば、先週に入った別の支流でも黄色系パラが活躍したな。この季節は有効と思われる。

次のポイントでは、チビアマゴがフライを見に来たが見切られた。

IMG_0253.JPG
IMG_0251.JPG

大型のフライも水辺で羽化して賑やかだ。


短い区間だが、アマゴの活性がすこぶるよく、7寸含め4匹の釣果。

ライズを見つけて、フライをキャストしたら一発で出てくれました。

IMG_0256.JPG
IMG_0257.JPG















雨も次第に強くなり、そろそろ上がろうかなと思いつつ、橋のすぐ下流まで来た。
お昼も過ぎたので、岩魚ポイントと思われる巻きに黄色系パラを浮かべると、底からふわっと現れフライを咥えた。
これで午前の部は終了しランチタイム。
雨が本降りとなってしまったので本日の釣りは終了し帰路へ。

IMG_0258.JPG
途中、道の駅に寄ったら山菜が目に入りさっそく購入した。

夕飯は山菜づくしで美味しく頂きました。
コゴミの天ぷらが絶品。

次回は岩魚を釣りたい。