So-net無料ブログ作成

地元の渓で悪あがき [釣り]

全国的に渓流シーズンも終了ですが、地元の渓流は10月末まで釣りが可能。先週金曜日に成魚放流もあった模様。天気予報では今週末から気温も下がり雨模様とのことで、有給休暇も残ってることもあり平日に地元の渓に出かけた。釣果はあまり期待できないため午前中で切り上げるつもりで飲み物だけ持参。

 

平日ともあり釣り人らしき車が下流に1台確認したのみで上流は空いていた。前回は、ふるさと村近くまで上がっていったが、今回は中間の開けたポイントに入ってみた。この渓は川幅もなく全体的に木が覆いかぶさっているため日陰が多い。川の規模が小さいため稚魚放流されたアマゴもそんなに大きくなれないが、それでも鰭がきれいなアマゴに合うことはできる。渓相はいいんだが全体的に浅くポイントは限られる。堰堤もありプールにいそうな気配だが、ほとんど餌釣り師に抜かれてしまっているんじゃないかと。道路が渓流のすぐ脇を通っているため、道路から直接竿を出すことができるんでね。

 

道路横の駐車スペースに止め、早速釣りの準備。今回はヒップウェーダーを新調したので使ってみた。ヒップウェーダーはこれから天竜エリアで活躍します。履いたり脱いだりするのに楽でいい。少し下流まで歩き入渓。入渓ポイントは比較的水深があり魚がいそうなんですが反応ありません。対岸よりに流木の枝が邪魔になっているポイントがあり、怪しそうなんでキャストすると一発でフライに反応したがフッキングできず。こういった人がやってなさそうなポイントは探りをいれるのがよさそう。活性は悪くなさそうだなとお次のポイントへ。お次のポイントも流木が邪魔してキャストし難いところ。水深もあり期待ができる。キャストしてフライをピックアップする時に流木にフライを引っ掛けてしまった。こりゃまずいと思ったが、外さなきゃしょうがないので近づくとアマゴが上流に走って行った。やっぱりこういうところにいるんだな。一発勝負だからキャスティングの腕が試される。

 

 

IMG_8948.jpg

 

落ちこみのプールまで来たが、先ほど道路上から除いた時にアマゴが浮いていたのだが見当たらない。プールの攻略はどうも苦手で、岩盤周りとかキャストを繰り返すが反応なし。プールに近づいたところで、足元からアマゴが逃げていった。

 

一旦道路へ上がり、上流へ歩き再度入渓。比較的開けており渓も明るい。しかしながら全体的に浅いので期待はできそうもないと思っていたが、意外や反応があるので少し注意深く浅場も探りを入れる。陽射しが川面を照らすアマゴが好きそうな流れにゆっくりとキャスト。フライも見やすく、いつ出るかなと集中する。バシャ(パシャではない)と予想通りに出てくれた。ロッドを伝わってくる感触もよく、この渓にしてはサイズもまあまあの綺麗なアマゴと出会えた。早速デジタルキープして、最後は動画撮影しながらアマゴは流れに帰って行った。リリースの動画を撮るのが最近のマイブーム。(動画はインスタで投稿)

 

IMG_8953.jpg
IMG_8954.jpg

 

この辺りは木材を切り出しているので日当たりはいい。気を良くして釣り上り。お次は枝が少し覆いかぶさっている格好の流れ。枝の上流へキャストしフライを流していくとバシャ・・・1投目でお出になった。ロッドを伝わる感触から、先ほどよりサイズもよさそうだ。無事ランディングすると放流魚らしき個体であった。時間はお昼を回っていたがもうちょっと先までやってみた。しかし、真新しい足跡があったので釣り人が入ったらしく反応はなし。本日はこれで終了と車に戻り、ソルティーライチで喉を潤す。

 

IMG_8956.jpg
IMG_8960.jpg

 

帰り道で、来る時に止まっていた車がないので駐車し川を覗いてみた。放流魚らしきアマゴを3匹発見。ちょっと欲が出て再度入渓。ここも全体的に浅いのだが、キャストするとバシャと勢いよく出たがノラーズ。沢との合流点は推進があり以前につった実績あり。岩の向こう側の流れが好ポイントなので上流へキャスト。予想通り岩の後ろへフライが流れた時にアタックあったが、フッキング浅くバレタた。

いよいよアマゴ発見ポイントに来たが、アマゴは見えず。プールへ入ってしまったかと思いキャストするも水面には無反応。プールに近づいていくと川底にアマゴを発見。期待薄と先ほどの沢へ。沢といってもすぐに砂防ダムがありその下がプールになっている。ここは、アブラッパヤしか期待できないが試に黒パラをキャスト。するといきなりアマゴらしき個体がアタック。勢いが良かったがフッキングせず。その後フライをあれこれと変更し狙ってみたが、見にはくるものの見切られて追加ならず。腹も減ったことだしと帰路に。

 

途中、11月から天竜エリアのポイントになる雲名に様子見に立ち寄る。夏はアユ釣りで賑わうが、下流にアユ釣り師がいるのみだったんで、ダブルハンドをちょっと振ってみた。フライボックスは持ってなかったが、道具箱に2本使い古しがあったんで一様付けてみた。アユがそこいらじゅうで跳ねている。時折大きなライズリングが対岸に。釣り下ってみたが反応はなしで終了。キャス練にはなったかな。車に戻ると下流にいたアユ釣り師も帰り支度をしており釣果はどうですか声をかけると、アユを5匹持ってきなと予想外のお土産にありついた。10月後半にもう1回地元の渓に出かけてみようかと。

nice!(0)  コメント(2) 

浜名湖のサヨリスト [釣り]

渓流シーズンも終了し秋の浜名湖が気になるころに。会社の釣友コスちゃんからサヨリ釣りのお誘いがあり、108日に船外機ボートでサヨリ釣りに出航。フィッシング沖のHP釣り情報に長谷川名人の釣果が載っており、良型サヨリが釣れてる模様。

 

IMG_8931.jpg

サヨリは大潮とか中潮とか潮が良く動く時が狙い目。サヨリは表層を釣るので仕掛けも専用となる。ボートからは仕掛けを潮に乗せながら流していく。ポイントが遠い場合は仕掛けを投げる場合もあるが、付けエサが針から外れてしまう恐れがあるので虫エサの赤イソメを使うこともある。ボートのオーナーであるS籐さんはそのタイプ。

 

6時ごろに係留場を出航し、実績ポイントである競艇場北側の中之郷に向かう。

ポイントに近づくとお気に入りの場所にはすでにボートが入っており、空いているところを探し投錨。航路から奥に入っているが潮の流れは意外と速い。早速釣り準備をし仕掛けを投入。サヨリ釣りはコマセを巻いて寄せることが肝心。冷凍アミエビブロックを海水を入れたバケツで解かし、柄杓でコマセを巻く。仕掛けにもコマセ籠が付いていて、アミエビを入れて出る量を調整する。付けエサは大粒アミエビをサヨリ専用針に尻尾を取って丁寧に刺す。下手に付けるとアミエビがくるくる回ってしまい釣れない。

 

仕掛け投入してからすぐにコスちゃんに当たりがありレギュラーサイズの初サヨリをゲット。こいつは際先が良いかなと思ったが後が続かない。周りを見ても厳しい状況で釣れていない。かなり遠いポイントでコスちゃんが釣果を伸ばすが、こちらの竿には反応なく時間だけが過ぎていく。サヨリはどこにいるんだと思いつつ当たりを待つ。食いが渋いときは仕掛けを緩めたり張ったりして誘いをかける方法が有効。

 

潮も少し緩んできたころにやっと待望の当たりが。当たりは明確でロッドを立てるとサヨリ独特のパワーのある横走り。ロッドも大きく撓り良型に間違いない。この引きがサヨリ釣りの醍醐味なんだな。寄せてきてもまだまだパワーが残ってるので暴れないように堪える。タイミングを見て船上に抜きあげる。35㎝はある良型だった。サヨリはいますよということで俄然やる気が出てきた。コスちゃんの仕掛けには喰ってこない。当たり浮子下を少し長めにしていたので表層よりやや深いところに良型が集まっていたのかも。連荘でポンポンと数を伸ばし、我が家のおかず分は確保できた感じ。1本は引き抜くときに針が折れてしまった。今回使用のサヨリ針は3.5号、ハリス0.6号。

 

仕掛けをポイントに止めていたはずだが、当たり浮子の様子がおかしい。どんどん仕掛けから離れていく。これはおかしいとリールを巻いて仕掛けを回収。すると、コマセ籠から下の仕掛けが付いていない。仕掛けを繋いでいたナイロン糸が切れていた。紫外線で劣化して強度が低下してしまったのか。しょうがないので仕掛けを交換したが潮も完全に緩んでしまい下げ潮に備えボートを移動することに。

 

下げ潮はこのポイントでは実績がなく大瀬に移動するか迷ったが、とりあえずここでやってみることに。次第に流れもよくなってきたが一向に当たりが出ません。周りの船も釣れないのか移動している。遠くでサヨリのジャンプは確認。ボートを少し岸寄りに移動してみたが状況は変わらず。1匹サヨリを追加しただけで沈黙が続く。ここは諦めて大瀬に移動してみた。サヨリ釣りのボートが何艘か出ていたが、釣れている雰囲気はない。こちらも同様に当たりは来ない。午前中は曇り気味で気持良かったが、午後になって陽射しが強くなりボートの上は暑い。1匹追加したものの後が続かず、サヨリ釣りは諦め庄内個でハゼをねらってみたがネコマタしか釣れず。今回は早上りということで納竿とした。カワハギもそろそろ釣れだしたようなのでそちらも気になるところ。

 

IMG_8935.jpg
IMG_8940.jpg
釣ったサヨリはお刺身、唐揚げ、酢漬けで美味しくいただきました。

 

番外編:キス釣り仕掛けを出していたコスちゃんがヤガラを釣った。サイズはでかいね。ダツは歯が鋭いがヤガラはないです。

 

IMG_8933.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

渓流シーズン最終日は愛知の渓 [釣り]

いよいよ渓流シーズンも最終日。年券も持ってるしということで久しぶりに愛知の渓に出かけた。ダムの建設準備であちこちで道路拡張工事が行なわれている。ダムがいつ完成するか調べてないけど、比較的近場の渓流釣りポイントがなくなっちゃうのも悲しいですね。

 

国道257号線から33号線に入り、上寒狭漁協管轄の大名倉を目指す。清流公園のところも道路拡張工事をやっていると思ったらほぼ完成してるようで駐車場も解放されていた。とりあえず上流をやってから帰りに寄るかと思い、澄川合流部に駐車し少し下流に歩いて釣り開始。入渓したところは岩や川底にアオミドロが繁殖し釣りにならず、しばらく遡り分流の左の沢みたいなところをやってみた。岩魚がいれば出そうなスポットがあるが反応はありません。上流の合流地点で餌釣り師と遭遇。やれやれと思っていたら、養鱒場の左の沢に入っていったので、そのまま上流へ。いつもなら流れがあるんですが、渇水気味で魚の気配なし。それでも上流へいくと僅かながら反応がありアマゴが出てくれました。

 

IMG_8902.jpg

枝が覆いかぶさったちょろちょろした流れが怪しいと思い、提灯釣りのごとく竿先から30㎝ほどティペットを出し、フライを浮かべると出ました。岩魚かと思いきや虹でした。養鱒場から逃げたやつかな。やはりこの釣り方は攻めにくい場所には効きますね。

 

澄川との合流点がプールになってますが駄目でした。澄川は渇水のため流れがなく釣りになりません。岩の間の水溜りにフライを浮かべたらなんと岩魚がおりました。ナチュラルリリースになりましたけど。というわけで、午前の部は3目釣りで終了。

 

午後の部は下流の清流公園前をやることに。今まで道路拡張工事でこの区間はできなかったんですが、工事もやってないので久しぶりに入ってみた。拡張工事の砂で埋まっているかなと思ったが、意外とよいコンディションで入渓ポイントでいきなりヒット。でもばらしたけどね。これは案外いけるかなと期待しつつお次のポイントへ。サイズは小さいがアタックはしてくる。

 

IMG_8908.jpg

 

いかにもといったいい流れが現れた。ここで出なきゃねと、ドラグフリーを心掛けると、水面を割って飛び出したが喰いそびれ。まだチャンスはあるとしばらく間を置いて再びキャスト。同じレーンからはでてくれない。もう少し岸際を流すとがっちり咥えた。サイズはそこそこですが体高のある尾びれも綺麗なアマゴだ。

 

IMG_8911.jpg
IMG_8916.jpg

まだいけるんじゃないかと釣り上るが、反応少なく吊り橋下まで来てしまった。反転流のかつての岩魚ポイントは砂で埋まって浅くなっており空き家でした。そんなことで午後4時に今シーズンの渓流釣行は終了し帰路へ。

 

今シーズンの渓流は終了ですが、11月からまた天竜エリアが始まります。そちらもまた楽しみましょう。

nice!(0)  コメント(2)