So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

2018天竜川ルアーフライ専用区で初物 [釣り]

2018天竜川ルアーフライ専用区が11月1日からオープン。11月10日は母を連れて秋葉神社方面へ紅葉ドライブ。紅葉はもう少しという感じでしたが、天気も良く気持ちがいい森林浴ができました。帰りは秋葉ダム方面へ下り、中島、がっさら、雲名エリアもついでに下見。それと、浜北大橋近くの山渓釣具店にも立ち寄りルアーフライ専用区の遊漁証も購入。

11月11日の日曜日も天気が良く釣り日和。ウェットフライは昨年のストックとマラブーを1本だけ巻いて雲名エリアへと向かう。途中、いつものコンビニでおにぎりと爽健美茶を購入。FB情報では昨日よく釣れてたので期待大。雲名の川原に到着し早速釣りの準備をしているとYさんがやってきた。増水後の川原は結構荒れていて、川原入り口の轍も深く、Yさんの車だと底を擦ってしまうようだ。フォレスターは最低地上高が200mmあり問題なく通過可能。普通車の方は堤防下に駐車したほうが賢明かな。

IMG_1458.jpg

橋下のプールと上流は釣り人で賑わっていて入る余地なし。プールの下流のかけあがり付近から釣り開始。下流の瀬で先行していたYさんが虹をゲット。こちらも続けとフライをスウィングさせると、コツコツと当たりが伝わってくる。しかし、なかなかヒットに持ち込めない。虫も結構飛んでおり時折ライズがある。早く釣れないかなと流していくと、ゴンと当たりがありロッドを曲げてくれた。今季の初物です。やれやれです。

IMG_1456.jpg
しかし、その後が続きません。当たりはあるんですがノラーズですね。瀬の中でも当たりはあるんですが、やっぱり乗らない。瀬の下流まで来て、流し終わりの回収リトリーブでゴンと乗りました。さっきよりちょっと大きいかな。今日のタックルは、INFANTE#5 12feet、WATERWORKS、スカンジコンパクト320グレイン、ウェットフライ#10。
IMG_1460.jpg
IMG_1462.jpg
IMG_1463.jpg
午前中はこんな感じで終了。車に戻るとYさんとJさんの仲間にいれてもらう。そのうち、ジムニーが来て、誰かと思ったらKさんでした。しばし、グタグタした後、午後の部再開。下流の大岩付近が怪しいと思い攻めてみた。当たりが時々あるので粘っているとゴンと乗りました。岸にランディングさせようと寄せてきたら外れちまった。橋下へ移動するとTさんが釣っていたが、水面も穏やかで厳しそうだった。あまり期待できないと思いがっさらに移動。プールの流れ出しにルアーマンがいたので上流へ入り沈み岩周りを流すとゴンときました。
IMG_1464.jpg
IMG_1465.jpg
しかし、その後は続かないなあ。時折ライズがあったがちょっと寒くなってきたので納竿とした。久しぶりのスペイキャストの釣りでしたが、それなりに楽しませてもらいました。もうちょっとサイズが上がるといいんですがね。

nice!(0)  コメント(2) 

秋の浜名湖ボート釣り [釣り]

10月に入りめっきり秋めいてきました。10月20日の日曜日は天候もよく秋の行楽日和。釣り友のコスちゃんと浜名湖ボート釣りに。メインターゲットはサヨリです。サヨリ釣りはポイントと潮回りが重要。潮が悪いと釣果に影響出ます。今回は長潮の後の中潮でまあまあかな。ポイント選択は事前にサヨリストの鋸屋さんから情報入手。出船時刻は朝6時45分。朝方は肌寒いが、風も穏やかで気持ちが良い。はまゆう大橋をくぐり表浜名湖方面へ向かう。

IMG_1300.jpgIMG_1294.jpg
IMG_1298.jpgIMG_1302.jpg
鋸屋さんに聞いたポイントへ到着すると、どこかで見た船がすでにアンカーを降ろしてるじゃないですか。やはり鋸屋さんでした。
IMG_1303.jpg
少し北側にボートを着けて釣りの準備。今日のタックルは自作サヨリスペシャル竿にワゴンセールリール。仕掛けはサヨリ専用の、飛ばしウキ+コマセかご+当たりウキにサヨリ針3~4号。
IMG_1313.jpg
サヨリは潮の流れに沿って群れになっているので、ブロックアミエビをバケツに入れ海水で溶かし柄杓でこまめに撒いていく。サヨリがよれば数釣りが可能だ。もちろんコマセかごにもアミエビを入れて仕掛けを流す。付けエサは大粒アミエビをしっぽ側から針が隠れるようにセット。遠投する場合は付けエサに赤イソメを使うとエサが外れない。大粒アミエビの場合はボートから流すか軽くチョイ投げするとよい。早速当たりがでて、サヨリ特有のジャンプがあったが外れてしまった。サヨリがいることが分かったので仕掛けを回収しエサを付けて再度流していく。また当たりがあったが、またもや外れた。早合わせは禁物だ。当たりが出てからしばらく向こう合わせになるように間を取る。竿を軽く立てていけばサヨリ特有の横走りをして楽しませてくれる。下顎にフッキングしてればGOOD。飲み込まれると針外しが大変だ。この時期は新子サイズ(当才魚)が多く、ヒネ(親)は混じるが数は少ない。40㎝ぐらいのサイズはサンマ級と呼ばれる。
IMG_1316.jpgIMG_1317.jpg
サヨリ釣りをしていると、サヨリによく似たダツが掛かることがよくある。ダツはくちばしが長く鋭い歯が生えている。パワーがあり引きが良くロッドを曲げてくれるが、骨が多く食には向かないのでリリース。潮が緩んでくると付け餌が沈むのでショッペー(草フグ)の餌食になるので釣りはやめたほうが良い。
IMG_1311.jpgIMG_1320.jpg
朝方は肌寒かったが日中は陽射しもあり暑いぐらいだ。遠くに雪を被って真っ白になった富士山がきれいに見えた。これから季節が進むにつれ気温も下がり空気が澄んでくると山が近づいて見える。
IMG_1319.jpg
午後は上げ潮になりポイントを移動してみたが釣果は1匹追加できただけ。結局、午前中に25匹と午後の1匹を足して計26匹のうれしい釣果となりました。帰港の途中でキス、ハゼを狙ったが数が出ませんでした。帰宅してからサヨリをさばくのが大変だった。ヒネサヨリは刺身に、新子は6匹フライで頂きました。残りは冷凍したので塩焼きにして酒の摘まみに。コスちゃんも食べる分はしっかりと釣ったので満足の様子。もう1回ぐらい出船してもよいかな。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2018渓流シーズン最終章 [釣り]

今回の台風24は勢力が大き日本各地に大きな被害をもたらした。遠州地域も暴風による大規模停電に見舞われ、公共交通機関にも大きな影響が出た。そんな中、我が家は停電にならなく通常の生活ができたことは幸いだった。しかし、暴風で記念樹のトチノキが折れ、母が住んでいる建物に向かって倒れ込み、もう少しのところで直撃は免れた。後で母親に聞いたら、深夜にメリメリと木が裂ける音が響いたとのこと。台風25号がまた近づいているようで注意しなくてはならない。

IMG_1225.jpg

さて、PCが起動しなくなりブログ投稿も遅くなってしまった。使用年数も長かったので、修理はせずPCを買い替えた次第。

先週の状況としては、台風21号や長雨の影響で各河川は増水しており渓流釣りのコンディションはよくなかった。渓流シーズン終了となる9月最週末はどこに出かけようかと思案の末、回復基調の南アを選択。おりしも、台風24号が日本列島に近づいており土曜日から雨模様の天気予報。金曜日は晴れ予報のため、有休を取ってネコバス単独釣行を決行奈良田までは3時間半ぐらいかかるため、自宅を5時に出発し新東名新清水ICから富士川沿いを北上する予定だったが、何を間違えたか新富士ICまで行ってしまい慌てて富士から逆戻りしたって始末。時間には余裕があったのでバスの時間には間に合い事無きを得た。

IMG_1196.jpg

奈良田に着くと、平日にもかかわらず釣り人多し。どこに入るのか聞いてみたら、広河原まで行く人はいなかったのでひとまず安堵。平日のバス運行は奈良田を始発8:50、広河原最終が14:30と休日に比べ釣りができる時間が少ないのが難点。広河原まではバス代片道1030円と協力金だったか100円を支払う。時間的には45分ほどで到着。途中に眼下に見える野呂川は水量は多いものの泥濁りはない。前回広河原に来たときは、本流では釣りがほぼ不可であったが、今回は水も澄んでおり期待できそうだ。

IMG_1216.jpg
IMG_1217.jpg
早速釣りの支度をして河原へ降りていく。本流は水量も多く、岸辺の岩裏を探っていくが反応がない。本流は諦めて前回好調であった枝流へ入るが水量は少ない。水は澄んでおり魚に気づかれないようにゆっくりと探っていくが反応がない。フライを変更しながら釣りあがり、やっと反応があったかと思いきやバレバレ。比較的水深のあるポイントから元気なイワナがフライを咥えた。野呂川のイワナはヒレピンで本当に綺麗だ。
IMG_1201.jpg
IMG_1207.jpg
これで気分も上々、お次のポイントへ。しかしフライは見に来るが見切られる場面が多く、釣果が伸びない。川底が黒っぽいポイントからは黒っぽいイワナがロッドを曲げてくれた。
IMG_1204.jpg
早めの昼食を取り、釣りあがっていくがやはり簡単にはフライを咥えてくれない。それでもフライを変更しながらイワナと知恵比べ。今回反応が良かったフライはアントパラであった。
IMG_1211.jpg
バスの時間も気になってきて退渓ポイントまで急ぐ。途中、本流の岸辺を探ってみたが反応は厳しかった。それでも大物と思われるアタックがありスリリングな場面もあったが、残念ながら数的にはツ抜けはできなかった。時間も迫り午後2時に納竿としバス停へ向かう。これで今シーズンの遠征は終了となるが、地元の渓は10月末まで釣りが可能なので悪あがきをしようと思っている。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -