So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

懐かしの渓 [釣り]

渓流も解禁となり地元の渓に出かけてみるも魚からの反応は・・・。天竜川本流のサツキも気になるが、自宅から近くのお気に入りのポイントは流れが変わってしまいどこがいいのか。愛知の渓もダム建設工事の関係であまり魅力がなくなってきたし。どこへ行ったらいいもんか思案していた中、自ブログのアーカイブで2005年に大井川支流へアマゴ釣りに行った時の記事が目に入った。まだフライフィッシングを始めたてのころで、管理釣り場通いであったが、渓流で初めてアマゴを釣り上げた時のものだ。キャスティングもへたくそで、どうやってポイントを攻略していいものかもよくわかっていなかったが、自作フライにアマゴがヒットした時に感動したことを思い出した。どこのポイントだったか裏覚えであったが、グーグルマップで調べていたらその場所が見つかった。周辺の状況が360度の画像で確認できるので本当に便利ですね。

大井川支流に行きたくなり、釣り友のカズさんにアドバイスもらい、懐かしの渓に3月23日に出かけた。前日にアダムス風の#16のパラシュートフライを3本巻いた。当日の朝方は小雨がぱらつく天気であったが、渇水の時期なので活性が上がるかもと期待しながら目的地へ。確かここだったよなと本流と沢が合流する地点の道路わきに駐車。昔来た時とは流れはかわっているものの、当時の思い出が蘇ってきた。

IMG_2029.jpg
IMG_2027.jpg

橋から合流点のプールを覗くとライズを発見。早速釣りの支度をして下流の堰堤上から釣りあがり。渇水であまりいいポイントはなく、魚の反応もない。途中の小淵で1回反応があったがヒットできず。結局ライズのあったプールまで来てしまった。魚に気づかれないように忍び足でプールの下流に近づく。モアっとしたライズを発見し、体を屈めて慎重にキャストすると3投目にヒット。15cmほどの小振りではありましたが綺麗なアマゴでした。デジタルキープしているとまたライズがあったので、2匹目もとキャストしてみたが出てくれませんでした。

IMG_2028.jpg

IMG_2009.jpg
プールから上流は遣ったことがなく状況を確認しつつ釣りあがり。渇水という事もあるが、フラットな浅い流れが続く。流れ込みのある小淵が怪しいので探っていく。最初の小淵は何もありませんでした。倒木のある小淵ポイントから2匹目のアマゴがヒット。ロッドに伝わるテンションから先ほどよりサイズがよさそうだ。下流へ誘導し無事ランディング。6寸ほどであったがこれも綺麗なアマゴでした。
IMG_2023.jpg
IMG_2018.jpg
気をよくしてお次のポイントへ。今度はちょっと深めの淵で、流れ込みの筋にフライをキャストすると出ましたがフッキングならず。フロータントを付け直し、ちょっと間をおいてキャスト・・・バシャ・・・ヒット。今度はばっちりでした。サイズは小ぶりですね。
IMG_2026.jpg
IMG_2024.jpg
午前中はアマゴ3匹とまあまあの釣果。お昼も過ぎていたので車に戻りランチタイム。ちょっと休憩してから、駐車脇の沢をやってみることに。水量は少ないので小淵狙いで釣りあがり。最初のポイントから反応ありましたがフッキングできず。ちびアマゴは反応早いですから合わせが遅れてしまう。キャンプ場のところの堰堤下でフライングサイズのちびアマゴを追加。
本流へ戻り、先ほどの続きで釣りあがり。あまりアップダウンがなくフラットな渓相で期待できない。ちょっとペースを上がて要所要所を探るが反応はありません。浅瀬にもいるんでしょうが先を急ぎます。魚がいそうな小淵から反応あり。まだフライを咥えてないのでもう一度キャストすると出ましたが、痛恨の合わせ切れ。ちょっと焦ったなあと反省。その後は反応なくすこしキャストもだらけてきた。浅い流れにフライを放り込むとバシャと反応。やっぱり浅いところにもいるんだな。そうしていると堰堤まで来てしまいました。堰堤下には大物がいるかなとキャストを続けてみたが無反応で終了。堰堤下流の急斜面を登って道路へ。
IMG_2032.jpg
駐車ポイントまで戻るとまたプールでライズを発見。時間も早いからともう一度チャレンジしたが2匹目のどじょうならず。朝方はちょっと薄曇りでしたが、午後からは風も穏やかで春の暖かさでした。水量がもう少し欲しいところですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2019やっと初アマゴ [釣り]

2019年の渓流も解禁となりました。3月2日に天竜川の年券を山渓さんで購入し、地元の渓に行ってみた。雨も少なく超渇水でコンディションは良くない。魚影はあるか道路から川を覗くとライズを発見。これは頂と釣りの準備をして沢へ降りる。昨年は何匹かアマゴと会えているポイントなので期待しながらフライを流す。なかなか反応がない中ライズを発見。フライをキャストするとパシャっとでました。あれれ、こんなはずでは。釣れたのはアブラッパヤでした。その後は反応なしでアマゴとは遭遇できず。


翌週3月9日はどこに行こうか迷ったが、通いなれた愛知の渓に決定。ここのところフライを巻いてなかったので、アダムスパラ#14と#16を合わせて5本用意。アダムスはハックルを2種類巻くので面倒だなと巻いたことがなかった。YOUTUBEでタイイングの仕方を見てお勉強。動画で見れるので本当に便利ですね。


愛知の渓といってもどのポイントに入ろうか決めかねていたが、上流に入ることにした。ダム工事をやっているので入川禁止エリアが設定されており事前にチェックしないとね。水温は6℃とまだ冷たいですかね。虫は結構飛んでいるのでちょっと期待していた。

IMG_1863.jpg
IMG_1864.jpg
IMG_1865.jpg
天気も良く本当に気持ちが良い。川面にも陽射しが射し渇水気味ではあるがアマゴが出てくれそうな雰囲気だ。フロータントをフライに施し丁寧にフライをキャストしてみたが反応は良くない。しばらく反応がないまま釣りあがる。ここは出るでしょうというポイントで出てくれました。しかし、油断したのかフッキングできなかった。まったく腕が悪いです。その後も出そうなポイントからは1回反応があったのみという厳しさ。パイロットフライのアダムスパラを信じて釣りあがってきたんですがね。とうとう養鱒場まで来てしまった。渇水で釣れる気がしません。いつもなら魚が着いているポイントも浅くなってしまっていて流れも悪い。橋の下流で反応あったもののそれまで。きょうもこれで終わりかと思いつつ、昨年アマゴが出てくれたスポットへ半沈みフライをキャストすると出ました。いるところにはいるじゃないと無事ランディング。錆が残るものの立派なアマゴでした。最後のドラマって感じです。諦めなくてよかったなあと思わず笑みがこぼれる。
IMG_1870.jpg
IMG_1872.jpg
IMG_1874.jpg
そんなこんなで2019年の初アマゴとやっと出会うことができました。1と0とでは雲電の差ですからね。いやいや本当に最後のドラマでしたね。もう少し暖かくなれば活性も上がりイワナも遊んでくれることでしょう。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

散々な週末釣行 [釣り]

今シーズンの天竜川ルアーフライ専用区も2月末で終了となるので、週末は時間が空いたら出かけたのだが・・・。1月、2月はなかなか釣れないのが個人的な通例なので、数はそれほど期待できない。しかしながら大物も放流してくれているので、少ないチャンスをものにできれば満足感も得られる。あくまでもものにできればの話だが。今シーズンは#5のダブルハンドでウェットの釣りスタイルを通してきて、それなりの釣果は得られてきた。しかし2月に入って流石に厳しくなってきた。

216日(土):

中島、グラウンド下をウェットで攻めるも当たり無でボを食らう。中島でよねさんには遭遇した。グラウンド下で1本いいのを掛けたそうな。

217日(日):

ウェットスタイルからルースニングに変更したら釣れるんじゃないかと#3ロッドにウキを付けて攻めてみた。グラウンド下でsammyさんと遭遇。午前中は当たりもなしで、午後から中島へ移動したが釣り人多しのため鮎釣りへ。中島にはカズさんが来てたらしいのですが気づかなかった。鮎釣りに移動したが、釣れないのかルアーマンが上流にいただけ。ポイントを探ってみたものの全く当たり無し。しょうがないので雲名へ寄ってみた。橋の下にはルアーマンが二人。お持ち帰り用の獲物は篭網に3匹ほど。橋の下と大岩前もやってみたが当たり無。この日も結局ボを食らう。

223日(土):

この日もルースニングを選択したが、ロッドは#6に変更した。中島にはお昼過ぎに到着し、お昼休憩中のノー天気さん、sammyさんに遭遇した。どこがよさそうか聞いてみると右岸側がいいよって言うのでダム下堰堤を渡り右岸のポイントへ入る。ビーズヘッドマラブーチャートリュースカラーで探るが反応なし。

IMG_1845.jpg

薄めのオレンジカラーのマラブーに替えてみた。しばらくするとノー天気さんが近づいてきたので上流に入ってもらった。ダブルハンドにウキのスタイルですね。ダブルハンドだから遠距離まで狙えます。前方でライズがありちょっとやる気が出た。ライズポイント付近へしつこく流すとウキがスッと沈み、すかさず合わせを入れフッキングはばっちり。久しぶりのウキ釣り釣果になるはずだった。手応えから大物に間違いない。ノー天気さんに来たよと余裕をかまして引き寄せる。手前まで来たところでロッドが半月状に撓る。重くて動かない状態から沖へ反転する際にフックオフでさようなら。またやっちまったとフライを見ると、一瞬フック折れと思ったがそうではなくフックが伸ばされていたのだった。

IMG_1843.jpg

#6のリールだが、ドラグ調整用のダイヤルを止めるねじが折れたまま修理してないしろもの。ドラグの負荷を軽くする調整がうまくいってなかったのが敗因と思われる。釣果が厳しい中でこのバラシは痛い。案の定、その後はノー天気さんが連続でヒットさせるのを横目で見ながら二度目の当たりはなし。右岸を諦め左岸に移動し、そのうちsammyさんが現れ、下流ですぐにヒットさせていた。岸際が良さそうなので探っていくとチビニジがヒット。当たりカラーは薄いオレンジです。これで連続ボは逃れました。その後も岸際でポンポンとチビニジが連続ヒット。大物は沖にいるようだが、チビは岸際に溜まってるのかも。

IMG_1824.jpg
GREYS#6リールは今回で現役引退させ新規に調達を考えよう。
IMG_1842.jpg

224日(日):

午前中は家庭菜園の草取りや、えんどう豆の支柱を立てたりと労働の汗をかいた。雑草を集めたところにキビタキがやってきて、なにやら虫を食べているようだった。草刈りや草取りをやってるとよくやってくるんだよね。午後1時に自宅を出て、性懲りもなく天竜C&Rに向かった。今回はDHにウキのスタイルで遠距離も狙えるように考えた。ウキも前回はフライに対して浮力が不足していたので大きめのウキを持ってきた。右岸の第1プールエンドに入り探りを入れる。対岸にはノー天気さんがウェットで流していた。手を振ると気が付いたようで答えてくれた。最初にセットした発泡ウキをキャストの時に岩にぶつけ壊してしまった。ヤーンタイプのウキに替えて再開する。

IMG_1844.jpg

ダブルハンドにウキのスタイルは初めてやってみたが、シングルより楽でいいね。ただし手前を探るのには向かない。しばらく沈黙が続いたが、流し終わったところでゴツンと当たりが来た。対岸のノー天気さんに来たよと声をかけ余裕をこいていると、引き寄せの途中に水面で暴れ痛恨のラインブレーク。昨日に続き、大物を掛けたがランディングできない症候群に悩まされる展開に。その後はノー天気さんがウェットで大物をヒットさせるシーンをみて羨ましい症候群となってしまった。午後5時のチャイムが流れ釣り場を後にした。今シーズンの天竜C&Rはグラウンド下、中島をメインポイントにして通ったが、大物を掛けたときのラインブレークが多かったので、来シーズンは確実にランディングさせることが課題だな。

さて、さえない週末になってしまったが、3月からは渓流釣りにシフトして、アマゴの顔を拝みに行こうっと。さあ、渓流釣りの準備をしないといけない。


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -