So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

イワナを求めてPART2 [釣り]

先先週末は岩魚を求めて井川方面へ出かけたが結局アマゴ1匹しか釣れなかった。それでも良い型のアマゴだったので救われた感じです。よねさんに案内してもらわなかったら無魚ってたかもです。

先週末は土曜日が雨模様であったので釣りは諦め、カミさんとララポへ映画を見に出かけ、パルムドールを受賞したという『万引き家族』を鑑賞した。シネマ会員なので夫婦割で料金は50%引きとお得。

日曜日も朝のうちははっきりしない天候。釣りに出かけようか迷ったが、天気予報では午後に向け回復してくる模様なので釣り支度。ところが、ベストに付いてるはずのランディングネットが見当たらない。あちこち探してみたがやはり見つからなかった。仕方ないので別のネットを持って出かけた。

落としたとしたら前回行った沢かなと思いながら、大井川支流へ向かった。前回と同じポイントから始めるかと思いつつ到着してみると先行者の車が。本命ポイントは諦め、本流をやってみることに。雨の影響はなく水は澄んでおり期待が持てる。流れからは時々反応があるもののスカされてしまい午前中は無魚。途中、尺アマゴと思われる良型がスプラッシュライズして興奮したが、2回目は出てくれなかった。

IMG_05041.jpg
午後の部は前回ネットを落としたと思われる沢に向かった。先行者の車はなく釣り支度をして河原に。アマゴがいそうな流れがありフライを流すとやっぱり出てくれた。これで無魚は逃れたが、今日は岩魚が釣りたいのだ。堰堤を越えながら探っていくが反応は次第に悪くなってきた。
IMG_0505.jpg
渓相はいいんですがね。ひょっとしたら午前中に先行者が入ったかもしれないなと思いつつ遡る。
IMG_0507.jpg
水深もあり、沈み岩もあり絶好のポイントが現れた。これで釣れなきゃねと慎重にフライをキャスト2投目にでた~!が、スカってしまったあ。でも口には掛かってないので、しばらく間をおいて再度フライを流していく。また出た~!だが掛が甘くバラしてしまった。
前回よりも上流まで遡ってみたが岩魚に合うことはできず、今回も満足のできる釣りはできなかった。ランディングネットも見つからずじまいで早々に帰路に。なかなか手強い大井川支流でありました。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初岩魚を求めて! [釣り]

梅雨入りの晴れ間となった先週土曜日、今シーズン初岩魚を求めて大井川上流へ単独釣行した。晴れ間と書きましたが、自宅を出るときは曇り空ではっきりしない天候だった。国一バイパスを走っていると次第に雲行きが怪しくなり雨が降ってきた。山方面も雨で活性が上がるのかなと期待しつつフォレスターは大井川沿いをひた走る。

 

 目的地はカズさん、よねさんのブログ釣行記で岩魚が釣れてたので、よねさんに情報提供をお願いしたら、昨シーズンによねさんに案内してもらったところだった。その時は、よねさんが尺イワナを釣った動画を撮影したことを思い出した。今回は自分の番かなっと捕らぬ狸の皮算用。

 

 井川キャンプ場近くのおでん屋さんのところに井川漁協遊漁券販売の幟を見つけた。お店はまだOPENしていないが、中に入るとおばちゃん達がおでんの仕込中でいい香りが漂っていた。日釣り券1000円也を購入し、目指す目的地まではもうちょっと。先行者がいないか気になっていたが目的地に9時過ぎに到着すると釣り人の車はなく一安心。釣り支度をしていると車が上がってきて、あらら、よねさんのステップワゴンでした。Gooさんもご一緒で、お二人は本流方面に向かいオイラは駐車場下から単独で釣り上ることに。

IMG_0448.jpg

 下界は雨模様でしたがポイントへ着いてみれば晴れ間になり気持ちがよろしい。いつもながら最初のキャストはわくわくしますね。もうちょっと水量があるかなと思っていたが意外や渇水で浅い状況。最初に結ぶフライの選択も思案をするところだが、今回はお気に入りの半沈パラを選択。最近フライを巻いてないので前回に愛知の渓で使ったのを使用。ハックルもまばらで、蜘蛛の巣もボディーに付着していたので取り除いた。液状フロータントにフライを浸けてハックルを修正し釣り開始。釣り開始地点は全体的にフラットであまり期待できない。それでも2キャスト目でパシャッと反応あり。これなら片手ぐらいは数が釣れるんじゃないかと淡い期待は後で裏切られることに。

IMG_0450.jpg
何回か岩魚が出たんですが全てフッキングできず。不甲斐なさに落ち込むばかり。堰堤下も浅くなっており期待外れ。白泡から1回は出たんですが・・・。ゆっくりやったのですでにお昼を回っていた。結局午前中はボを喰らっちまった。まあ、午後に期待と堰堤を越えランチタイムとした。
IMG_0452.jpg
こんな木苺がいっぱい生ってたな。よねさんが摘まんで食べてたけど酸っぱいみたいだ。
IMG_0453.jpg
堰堤上もかなり渇水状態でシビアな状況。なかなか反応してくれません。あまりに釣れないんでちょっと集中力も途切れる。そうこうしてるうちに見覚えのある景色が現れた。温泉特有の硫黄の臭いも漂ってます。ここは魚がいないのでその先まで行ってみたが、なんかやる気がなくなって引き返すことに。堰堤まで戻ってみるとよねさん&Gooさんが堰堤下から上がってきた。本流方面はアマゴ、イワナがそこそこ釣れたとのことで羨ましい。こちらはスカばかりで無魚だと告げると、別の沢に行きましょうということでステップワゴンの後についていく。車1台(2トン以下)づつしかあ通れないちょっと怖い吊り橋を渡るんですが結構ドキドキです。
xga2018060938_336x448_3.jpg
追加:よねさんの撮ってくれた写真を失敬しました。なかなかスリルありますよ。
IMG_0456.jpg
沢に到着し早速釣り開始。堰堤の間が短く小さなポイントが続くのでキャストも正確性が求められます。ここでアプローチ方法が雑なことが指摘されてしまう。短い区間だからこそポイントポイントを大事に攻めていかないと釣果は伸びません。やっぱり釣れないのには理由があるなと改めて反省。ちょっと集中力を高めてお次の堰堤を越える。反応はあるのでそろそろ1匹欲しいなあと水深のある好ポイントを譲ってもらった。流れの筋に半沈パラを流していくと・・・ついにフライを喰った。#1ロッドはグイグイと絞られ良型に違いない。それでも落ち着いてランディングに持ち込んだ。キャッチしたのはお腹がでっぷりしたいいアマゴでした。この1匹でここまで来たかいがあったかと気持ちも晴れました。
梅雨の晴れ間にまたリベンジしに来たいですね。本当にフライフィッシングは奥が深いですよ。まあそれがおもしろいところなんですがね。

nice!(0)  コメント(4) 

岩魚に会いに愛知の渓に [釣り]

ここのところ家庭菜園の方が忙しく釣りはご無沙汰になっていた。家庭菜園も一段落したので久しぶりに愛知の渓に。お目当ては岩魚なんですがね。

設楽ダム建設工事のため道路拡張工事を行っており入川禁止区域もあり。いつものコンビニでおにぎりとポカリ、それと日釣り券を購入し岩魚の渓へフォレスターを走らせる。途中、釣り人の車を確認。お目当ての公園駐車場は空いてたので車を停め川の様子をチェック。先行者はいないので公園駐車場下流から入渓。水量はやや少ないが雰囲気はよろしい。今回は岩魚狙いなので岩裏などを探っていくことに。もちろんアマゴもいるので本筋も流していく。

どうしたことかしばらく全く反応がありません。すこし水深のある大岩の脇を流すとフライにアタックあり。本日最初の反応だったが合わせができず。フライを替えて再キャストするが出てくれません。そうこうしているうちに吊橋下まで来てしまった。もう少し上流まで釣り上がると先行者が見えたので諦めてランチタイムに。


IMG_0251.jpg
IMG_0252.jpg
午後の部はもう少し上流へ入ってみることに。途中に釣り人の車が1台確認したので更に上流へ。以前によねさんを案内したポイントに入り尺岩魚を期待したが空振り。ここも反応がありません。先行者があったのかなと。養鱒場前の流れでようやく元気なアマゴが飛び出してくれたので一安心。その後も厳しい状況でチビ虹を追加したのみ。
IMG_0255.jpg
IMG_0256.jpg
今回は期待して出かけたが結局のところ岩魚に会うことは出ませんでした。次回は岐阜方面へ遠征するかと思案中。天竜川も回復基調のため本流ウェットもありですね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -