So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

秋のメッキゲームデビュー [釣り]

港でメッキが釣れてるようなので、9月3日にどんなものかと出かけてみた。実は、メッキゲームは初めてで今回が遅いデビュー。釣り場までは自宅から20分ぐらいなのでお手軽です。この時期は日中まだ暑さが堪えるので、夕方に夕涼みがてらやるのがよろしい。ポイントとしてはスロープがあるところに群れが入っているらしい。

港のメッキポイントに到着すると、すでにルアーマンが一人キャストしていた。チーバスと同じようにやれば釣れるかなと、チーバス用のシラスフライをちょっと改良してやってみた。しかし、実戦はそんなに甘いものではありませんでした。スロープから沖にキャストを繰り返すが全く釣れません。そんな中、ルアーマンはメッキらしき小魚を何匹か釣り上げている。フライがあってないのかなと思いながら、うろうろ場所を移動しキャストしてみたが駄目ですね。何気なくフライをピックアップしようとしたらグングンと生体反応。残念ながらフッキングせず何の魚かよくわからない。複数の魚が群れで追ってきたのでメッキかもと思いながら粘ってみたが、結局メッキ釣り初日はボを食らった。自宅に戻り、ネットでメッキ釣りの情報を調べたところ、リトリーブの方法が間違ってたらしい。

リベンジという事で、翌日の9月4日も同じポイントへと向かった。フライマンの先行者がいたが、車がジムニーなのでおそらくバチャチャイさんかと。近づいて行くと、やはりそうでした。挨拶がてら情報収集です。昨日来たんだけど、ボを食らっちまったと話すと、リトリーブの方法をレクチャーしてくれた。キャストしたら、なるべく早く休まずに高速リトリーブが基本とのこと。昨日は、ストップ&ゴーとか、途中で止めてしまったりとかやってたな。キャストの方向も、沖に向かって遠投すればよいのではなく、スロープの浅いところにも寄っているので、斜めにキャストしてリトリーブするのも効果的と教えてくれた。そうこうしているうちに、バチャチャイさんはポンポンとヒットさせている。ちっと焦りながらキャスト、高速リトリーブを繰り返していると、ついにきました。初めてのメッキです。ポイントを移動しながら探っていくと、群れが溜まっているところで連続ヒット。フライが落ちた瞬間に反応します。いやはや、今回は楽しいですよ。サヨリも擦れ掛かりしたりしてね。日も暮れてきて、バチャチャイさんは先に上がりますと帰っていった。先ほどの当たりもなくなってきて、チーバスの群れが入ってきたらしくぽつぽつと釣れます。本日はこれで終了とした。高速リトリーブは結構疲れるよ。

IMG_3225.jpgIMG_3223.jpg
IMG_3226.jpg
メッキの釣り方も分かったので、新作フライを巻いて、また翌日の9月5日にポイントへ向かう。貸し切り状態なので、群れを探りにスロープ内をあちこち移動しキャスト。反応があったところで何匹かヒットさせる。これは楽しいですね。メッキも種類があって、写真のはギンガメアジで縞があるタイプ。ロウニンアジは縞がなく、大きくなるとGTになりようだ。20センチぐらいあると、ゴツンときて引きも強いと言っていた。残念ながらサイズアップならず夕陽をみながら帰宅。
IMG_3234.jpgIMG_3235.jpg
IMG_3236.jpgIMG_3237.jpg
どうもメッキゲームにハマったらしく、次の日もいそいそと新作フライを持ってポイントへ。釣れるのはギンガメアジでロウニンアジは来ません。それでもちょっとサイズアップ。引きはやっぱりよかったですよ。
IMG_3248.jpgIMG_3244.jpg
IMG_3247.jpgIMG_3236.jpg
フックにチューブを被せた新作フライを巻いて、またまた出かけてしまった。メッキゲーム症候群だな。メッキを見つけるのはうまくなって、ヒットさせるのも上達した。しかし、なかなかサイズアップしない。雨もパラついて、虹も出ました。次の目標は、ロウニンアジとサイズアップです。メッキゲーム通いはまだまだ続く。
IMG_3252.jpgIMG_3253.jpg
IMG_3254.jpgIMG_3258.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浜名湖ボートでサヨリ釣り [釣り]

夏も終わり9月に入った。秋の浜名湖はこれからサヨリ釣りがよろしい。釣り友の砂糖君からタイミングよくサヨリ釣りのお誘いがあったので、9月5日に今シーズン初出船。今回は砂糖君の愛艇50馬力のSAYURI号に初乗船させてもらった。ボート係留場を6時ごろ出船し、弁天釣り具センターで餌のイソメを購入に立ち寄り、サヨリポイントの大瀬へ向かう。SAYURI号は50馬力とあってスピードが出ます。いつもは9.9馬力船外機なので、そのスピードの違いは歴然。サヨリポイントへ着くのに早いこと。

IMG_3227.jpgIMG_3228.jpg
IMG_3229.jpg

天候は曇りがちで暑さもそれほどない。潮回りは小潮で、サヨリ釣りにはあまりいい条件ではないが、午前中は上げ潮で潮の流れはそれほど悪くない。投錨して早速釣り開始。サヨリ釣りには自作の丸竹ロッドを使っている。ブランクは浜平工房製でガイド付けや塗装をして作製。

IMG_3230.jpg

コマセかごに解凍アミエビを詰めて、喰わせ餌のイソメを付けキャスト。いつもは大粒アミエビを使うのだが、砂糖君のスタイルは遠投して釣るので、餌が針から外れないようにイソメを使用している。潮もよく流れているが、サヨリからの反応はありません。砂糖君の仕掛けに大物のジャンプ。大型サヨリかと思いきやダツでした。サヨリ釣りをしてるとダツが釣れることがよくある。釣りとして引きはいいんですが、骨ばかりで食材にはなりません。それでもやっとサヨリも釣れだしました。当才魚の新子サヨリです。やっとオイラの仕掛けにも新子サヨリが掛かった。ヒネは大型なので引きがよく釣り趣としては面白いが、新子は身が柔らかく味はいいですね。ちょっと閉口したのはフグが多く、針の消費が多く泣ける。潮はそれほど緩慢でなないんですが・・。

IMG_3231.jpg
砂糖君は相変わらずダツを釣りまくり、サヨリの釣果が伸びません。10時前にこのポイントを諦め、競艇場北へ移動。サヨリ釣り船は3艘ほどいたので、間に入り釣りを再開。ヒネサヨリが釣れてきたが散発的。ここでもダツが釣れてくる。オイラは、フグに好かれたらしく針が残り少なくなった。針のサイズが小さかったのか、バラシも多く今回は満足できる釣果ではなかった。それでも久しぶりにサヨリの引きを味わい、刺身や骨のから揚げでビールが美味かった。
IMG_3232.jpg
次回は潮回りの良いタイミングでリベンジですね。秋の浜名湖はこれからです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

増水の開田高原フライ釣行 [釣り]

8月24日~25日の二日間、一年ぶりの開田高原フライ釣行でした。24日は現地宿泊先に9時頃待ち合わせで自宅を4時過ぎに出発。新東名ー三遠南信ーR151-R418-R153-R256-R19-R361経由で現地には8時半ごろ到着。高速を使えば30分早くなるんだけれど、高速料金ももったいないしね。現地宿泊先はフライ友のSHUさん保有のリゾートマンションなので宿代が節約できてとても助かる。

フライマンで地元イタリアンレストラン花猿亭のオーナー木曽猿さんから、現地釣り情報と遊漁券を仕入れる。増水気味でどこでやっても厳しいよってことで、とりあえず沢でやってみることに。沢といっても里川的な小規模な流れなのだが実績はあるようだ。狭い流れの両脇は夏草が生い茂りフライが引っ掛かり易い。流れもちょっと早くフライを流すポイントも限られるが、新子アマゴ達は活発に飛び出してくる。最初の一匹は何となく秋色が出てきたような綺麗なアマゴ。SHUさんは#12のフライで新子アマゴが咥えきれないのか苦戦。それでも夏空が良く似合う風景だ。

IMGP0034.jpg
IMGP0035.jpgIMGP0037.jpg
この沢を午前中やって、お昼は近くの蕎麦屋で、ざるそば2枚。開田高原は蕎麦でも有名ですから。秋には蕎麦祭りも開催されるので機会があればまた来ようかな。
IMG_3199.jpg
午後は冷川がいいみたいなので(あくまでもいいみたいですが)、そこに入ることに。渓相としては大岩で山岳渓流的な雰囲気。増水はさほど気にならなくポイント的には岩魚が出てくれそうだ。岩裏の巻や水深がありそうな流れの緩やかなポイントを探っていくが、反応がありません。フライをパラシュートからカディスに替えてみたが、反応は変わりません。SHUさんがここは実績があるポイントとフライを流すと数投目にバシャっと黒っぽいヤマトイワナが出ました。脱渓点が近づいてきて、やっと反応があったがフッキングには至らずボを食らいました。いやはや二人で1匹と超厳しい現実でした。
イブニングをやってみようかとポイントを見て回ったが、以前のポイントは流れが変わってしまいプールが流れになってしまっていた。できそうなポイントを決めて、しばらく夕方まで車で仮眠。日没も近くなり川に降りてライズを待つ。散発的にライズが始まり、フライをキャストしていくが反応はイマイチ。そんな中、1匹目がヒット。その後は2匹を追加して終了。そのまま花猿亭へ直行し、夕食を食べながらマスターの木曽猿さんとフライ談義してまったり。SHUさんのマンションに戻り、風呂に入ってからの缶ビールがうまかった。疲れもあってその夜はぐっすり眠った。
翌朝の7時にテレンコ2さんも合流し、25日は3人での釣りとなった。この時期、開田高原はトウモロコシ目当てにお客さんが多い。我々も釣りの前にトウモロコシを畑のおばちゃんから購入。テレンコ2さんは友人から頼まれたらしく50本お買い上げ。御嶽山も綺麗に見えて、蕎麦の花との風景が印象的だ。
IMG_3203.jpg
さて、お土産は手に入れたので、どこに入ろうかという事に。昨日は午後から冷川に入ったが、状況は厳しかったので午前はどうかと再挑戦。状況は昨日と変わらず超厳しく、反応がありません。しばらく何もない中釣り上がり、SHUさんが流すフライに初アタックがあったが残念ながらフッキングに至らず。それでも反応があったのでちょっと期待感も。初アタックがあったポイントの一つ上のプールにエルクヘアカディスをキャストすると、底から岩魚が浮き上がってきてフライを咥えた。やったー・・・本日の1匹目。ランディングしたのは黒っぽい岩魚でした。超厳しい中の1匹は貴重でうれしいものです。
IMGP0040.jpg
IMGP0042.jpg
結局、3人で午前中1匹と超厳しい結果と相成りました。いやはや本当に釣れないですね。お昼はテレンコ2さんお気に入りの風車でもつ煮定食、鯖みそ定食を注文。さてと、午後の部はどこに入ろうかねと思案。増水の影響が少ない西野川上流部でやってみることに。上流部なので水深もあまりなく小渓流といった渓相。それでも反応はあるので丁寧に探っていけばヒットに繋がる。フライをピーコックパラシュートアントにして釣り上がり、なんとか3人ともボは回避できた。
IMGP0043.jpgIMGP0044.jpg
IMGP0047.jpgIMGP0048.jpg
西野川の下流も少しやってみようという事で、様子を見がてら入ってみた。増水で遡行はかなり困難でポイントを絞り辛く1時間ほどで切り上げ。午後6時ごろ開田高原を出発しR19ーR257ー新城から新東名経由で自宅へは10時頃着。このルートは道路もよく軽快に走ることができた。次回はこのルートで往復しよう。さてと、今シーズン残り1か月は何回フライ釣行できますか。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -